« イタリアがEUの支援を求めることになるとは想定していない | トップページ | 量的緩和第3弾(QE3) の実施を促すのは より悪いニュースだ »

2012.07.16

救済基金による支援要請は最後の手段とすべき

 欧州中央銀行(ECB)政策委員会のメンバー
   バイトマン総裁(独連銀)
は、独紙ベルゼン・ツァイトゥングとのインタビューで、国が
   資金の借り換えコスト
の押し下げを望む理由はもちろん理解できる。

 ・ 天才!  成功する人々の法則

 しかし、イタリアの借入コストが通貨同盟でもあるユーロ圏の
   救済基金による支援要請 
は最後の手段とすべきであり、それだけでは正当化の理由にならない。

    

 

 イタリアが改革路線を堅持するなら、それは良い道筋だと指摘したうえでイタリアが将来の
   欧州安定化メカニズム(ESM)
を活用する必要があるかとの質問に対しては
   イタリアがそうした状況
にあるとは思わないとの見解を示した。

 また、スペインの銀行への支援策について
   支援条件がスペイン経済に拡大
されるならより効果的だと指摘した。

 ・ イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材

 スペインの高い失業率や地方政府の問題は
   一段の行動の相当の必要性
を示していると続けた。

 ・ 小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

 同総裁はインタビューでスペインについて、投資家が支援プログラムは
   銀行セクター以外にも条件を付けるもの
と判断すれば、債券市場に好ましい影響があろうと指摘した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 欧州の信用不安がドミノ倒しの状態になっているのはこれまでリーマンショックに至る金融商品等の市場崩壊の連鎖と同じで強力な力で止める必要がある。

 
 中途半端な介入では損害を拡大させるだけで信用不安は止まらない。

 ・ 「日本で2番目に高い山」はなぜ話題にならないのか? ヒットを生み出す18の「バズの法則」

 日本の円の相場についても同じだ。
 バブル崩壊後の経済策なども同様で政治家の質が悪く介入規模を小手先で小規模短期間だけの資金介入では力を削ぐだけだということが理解できていない。

 ・ 今日から始める思考のダイエット

 円高などは欧米の投資家がリスクヘッジで本来信用度が低下しているものを意図的に信用できるとして購入しているだけで、信用度を増すために、日本政府が国の借金を減らすために消費税増税を実施して国債の価値を高める行為は、欧米の投資家の思惑通りに動くだけであり、国益にはなっていない。

 ・ 考える練習をしよう (子どものためのライフ・スタイル)

 価値を粉飾した円高を利用して、円紙幣を大増刷して市場に投入して外貨を稼ぎ、アジアやアフリカ、中南米にある欧米の権益を安く買い叩いて購入すれば良い。

 日露戦争当時に戦費調達で日本が戦時国債を売り出すときに欧米の投資家に買い叩かれ、償還時に莫大な資金を出し続け経済拡大の芽を摘んだ歴史を政治家やマスコミは忘れてしまっている。

  

     

  

よいことと わるいことって、なに?
 この本には、よいこととわるいことって、なに?を考えるための大きな問題が6つ。
 いろんな考えをあれこれ組み合わせたり、ふだんは見えていないところをのぞきこんだりしながら、ほかのだれにもたどりつけない、きみだけの答えをさがしてみよう。

   

« イタリアがEUの支援を求めることになるとは想定していない | トップページ | 量的緩和第3弾(QE3) の実施を促すのは より悪いニュースだ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55205075

この記事へのトラックバック一覧です: 救済基金による支援要請は最後の手段とすべき:

« イタリアがEUの支援を求めることになるとは想定していない | トップページ | 量的緩和第3弾(QE3) の実施を促すのは より悪いニュースだ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ