« 国際的な協力および協調を継続することが必要? | トップページ | 労働力調査 改善傾向が見られる »

2012.07.31

過去最低の政策金利 の確実な浸透を目的

 ECB中央銀行当局者2人が27日に匿名を条件にメディアに語ったところによると
   ドラギ総裁の提案
には、欧州の救済基金による発行市場での国債購入が含まれており
   過去最低の政策金利の確実な浸透
を目的とするECBの流通市場での国債購入によってこれを側面支援するという。


       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ 

 

ひとこと
 低金利政策を維持し、市場への資金流入を図る動きが強まったようだ。
 資源国への資金が流れ出し物価の上昇が引き起こされると凄まじいインフレに襲われる可能性の芽が出てくる。
 市場の動向は急激に変化するのは情報伝達の早さが原因だが、対応が出来るかどうか。

 冷静な判断が出来なければ溺れかねないが、冷静しすぎても対応に遅れが生じるため難しい。

   

« 国際的な協力および協調を継続することが必要? | トップページ | 労働力調査 改善傾向が見られる »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。とても良い記事ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55318552

この記事へのトラックバック一覧です: 過去最低の政策金利 の確実な浸透を目的:

« 国際的な協力および協調を継続することが必要? | トップページ | 労働力調査 改善傾向が見られる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ