« 過去最低の政策金利 の確実な浸透を目的 | トップページ | ユーロ圏の6月の失業率 »

2012.07.31

労働力調査 改善傾向が見られる

 総務省が31日に発表した
   労働力調査
によると、6月の完全失業率(季節調整値)は
   4.3%(5月 4.4%)
と改善した。

   ・ 見えざる日本の支配者フリーメーソン

 一方、厚生労働省が発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は
   0.82倍
    (前月比+0.01ポイント)
と改善した。

 この0.82倍は2008年9月以来、3年9カ月ぶりの高水準となる。

   ・ 偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている

 なお、6月の有効求人数は前月比+1.3%と15カ月連続で増加したが有効求職者数は横ばいとなった。


       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ 

 

ひとこと
 雇用の改善と賃金の上昇が伴えば景気回復は自然と進み税収も当然増えることとなるだろう。
 消費税増税ありきの自公民の合意では自由経済の息の根を止めかねない。

   ・ 超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される!

 支出抑制も程々にすることが必要であり、経済の拡大を図る政治が本来は必要だろう。

 欧米の媚びる政治家ばかりが政権側も野党も目立っており、マスメディアの露出も多いが、自由経済と日本の国力を高めるような政治が今求められている。

   ・ 闇の支配者“最終戦争”~そして、新しい時代の突入へ~

 防衛力にしても広大な海域を守る空母艦隊すら所有していないことも領海内の海底資源を守るためには必要だろう。

  

« 過去最低の政策金利 の確実な浸透を目的 | トップページ | ユーロ圏の6月の失業率 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55320498

この記事へのトラックバック一覧です: 労働力調査 改善傾向が見られる:

« 過去最低の政策金利 の確実な浸透を目的 | トップページ | ユーロ圏の6月の失業率 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ