« 中国の年間インフレ率は4%を下回る見込み | トップページ | 欧州安定化メカニズム(ESM) と財政協定の早急な批准で危機の阻止は出来ない »

2012.07.10

5月の消費者信用残高が増加(米国)

 米国の連邦準備制度理事会(FRB)が発表した5月の消費者信用残高は
   前月比+171億ドル
と増加した。
 この増加幅は、事前のエコノミスト予想である85億ドル増を上回った。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 米国の消費者の紐が緩んできているということのようだ。
 日本は逆に消費税増税で消費不況を引き起こしかねない。

 ・ 決定版 心をそだてるはじめての伝記101人

 政治家として景気回復させ国民全体を豊かにする政治が取られておらず、欧米に権益を引き渡し日本の国益を阻害する行為ばかりが目立っている。

 ・ 算数がメチャとくいになれる本―秋山仁のおもしろ授業

 売国奴としてしか呼べない政治を行政改革と称し郵政民営化と規制緩和という名の下に国民の資産であり財政投融資として国土の建設に使用していた資金を低利で海外の金融機関等に流す仕組みを作り出した。

 ・ 10才までに知りたい! なぜ?どうして? 科学のふしぎ

 規制緩和等で資金流出をとめることができないようにしたうえ為替際策を誤る日銀や政府金融当局の愚策が伴い1600兆円もあった資産が1400兆円まで目減りさせてしまっている。

 

    

感じる科学 (Sanctuary books)
 科学を勉強することに抵抗があるのは、科学の教科書や専門書がまったく「バカバカしくないから」。
 パンチラ、ドラえもん、マツコデラックスなど身近すぎるたとえ話を駆使した天才・さくら剛の“超訳”により、いまだかつてない「不真面目」で「わかりやすく」て「なんじゃそりゃー!」と叫びたくなる科学の教科書が生まれました。
 光とか宇宙とか相対性理論とかまったく興味がない。数式とか物理なんて言葉を聞くだけでもイヤ!そんないわゆる“文系人間”のあなたに強くおすすめしたい一冊。

 

« 中国の年間インフレ率は4%を下回る見込み | トップページ | 欧州安定化メカニズム(ESM) と財政協定の早急な批准で危機の阻止は出来ない »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55161703

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の消費者信用残高が増加(米国):

« 中国の年間インフレ率は4%を下回る見込み | トップページ | 欧州安定化メカニズム(ESM) と財政協定の早急な批准で危機の阻止は出来ない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ