« 7月の貿易収支(原数値)は5174億円の赤字 | トップページ | 子どもに奇蹟を起こす魔法のルール »

2012.08.23

NYMEXの金先物相場 引け後の時間外取引で上昇し、16週間ぶりの高値

 NYMEXの金先物相場は引け後の時間外取引で上昇し、16週間ぶりの高値となった。

 

米国の金融当局が
   緩和措置を強化
するとの観測から、インフレヘッジとしての金の需要が膨らんだ。
 なお、通常取引は小幅反落で終了していた。  

COMEX部門
 金先物12月限
  1オンス=1654.70ドル
   前日比+0.7%

  

      ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
 
ひとこと

 景気回復策への取り組み強化は足踏み状態で天井が出来つつある市場にとっては必要だろう。
 円高でドルベースで見た場合には高値のまま市場価格を無視して原油等のエネルギー購入の契約を締結するように仕組まれ日本の7月の貿易収支は大幅な赤字となってしまっている。

 メディアや一部市民団体などへの欧米の意図的な資金支援等を背景とした反原発や脱原発の動きの裏側では莫大な資金が海外に流出した事実があることを冷静に考えるべきだろう。

 草刈場状態に日本経済が落ち込んだ責任は
   小泉政権以降
政治家が郵政民営化をはじめとする行政改革や規制緩和を国益になる欧米の宣伝機関と化した
   日本のマスメディアを総動員
して事業仕分けの本来の意図(外国の圧力を防ぐ仕組みを解体すること)を隠蔽しながら
   一部の不正を針小棒大に選別加工
して繰り返し報道することで大衆化した国民の意識を洗脳すべく、国家機関の弱体化を狙い常に叩き続け
   外圧を防ぐ行政機構等の仕組み
を弱めた結果、容易く日本国内にある国民の資産を奪うための仕組みが構築されてしまったということだろう。

 
 

 米国の連邦公開市場委員会(FOMC、7月31日-8月1日開催)の議事録では
   多くのメンバー
は、新たな情報が十分かつ持続的な
   景気回復ペースの加速
を示さない限り、かなり早い時期に
   追加緩和が正当化される公算
が大きいと判断したと記された。

 
  

« 7月の貿易収支(原数値)は5174億円の赤字 | トップページ | 子どもに奇蹟を起こす魔法のルール »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55487399

この記事へのトラックバック一覧です: NYMEXの金先物相場 引け後の時間外取引で上昇し、16週間ぶりの高値:

« 7月の貿易収支(原数値)は5174億円の赤字 | トップページ | 子どもに奇蹟を起こす魔法のルール »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ