« ギリシャ 粗暴事件が急増し社会が不安定化 | トップページ | 周章狼狽 »

2012.08.06

大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった

  

 

大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった

 今こそ、歴史認識のコペルニクス的転回を!
 アメリカが押し付けた
   太平洋戦争史観
西洋中心世界観を捨てよ!

 今こそ、日本人は真実に目覚め
   歴史に対する不要な引け目
を払拭すべきである。
 
 歴史的観点、地政学的観点から捉えた「日本論」でもある。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 もともと、江戸幕府に対し開国を迫った米国が英国等が先行した植民地獲得競争でスペインやメキシコとの戦争で領土を拡大していったことは知られた事実だ。

 マッカーサー一家の資産を作ろうと侵食して言ったフィリッピンでは抵抗運動が活発化し大虐殺が行われ、劣悪な労働環境であったという。

 日本軍がフィリッピンに攻め込んだのは相した状況の直後であった。

 勝てば官軍、負ければ賊軍扱いだ。

 南北戦争でグラント種軍がリー将軍に要求した「無条件降伏」以降妥協をせず勝つためなら、レイテ開戦で海に浮く日本兵を銃殺するなどジュネーブ条約など無視するなど手段を選ばない米軍の戦法は自体が問題であった。

 

   

 

« ギリシャ 粗暴事件が急増し社会が不安定化 | トップページ | 周章狼狽 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55678954

この記事へのトラックバック一覧です: 大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった:

« ギリシャ 粗暴事件が急増し社会が不安定化 | トップページ | 周章狼狽 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ