« 米国の7月輸入物価指数は前月比-0.6%低下し、4カ月連続マイナス | トップページ | 器用貧乏 »

2012.08.11

FRBは米国経済に対する大きな下押し圧力 を解消することはできない

 PIMCOのグローバル戦略アドバイザー
   リチャード・クラリダ氏
はブルームバーグテレビのインタビューで、米国が直面する難題は
   財政の崖
   中国経済の減速
   欧州信用不安の混乱
によるものでどれも金融政策に関わるものではないと述べた。

 なお、米連邦準備制度(FRB)は
   米国経済に対する大きな下押し圧力
を解消することはできないとの見方を示した。

 米国議会予算局(CBO)によると
   歳出削減と増税の規模
はGDPの約4%に相当する
   6070億ドル
に上る。

 米国商務省が先月27日に発表した実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は
   前期比+1.5%
増加した。
 なお、第1四半期は2%増に修正された。

 

米国ではいわゆる
   財政の崖
が迫っており、議会が行動を起こさなければ
   増 税
のほか国防費など
   政府プログラム向け歳出削減
が年末に発効する。

 

 中国では7月、輸出の伸びが大幅に低下し、新規人民元融資は予想を下回った。

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 手足を縛られた状態で経済回復策を講じるのは難しい。

 対する日本は、円高を最大限利用し財政赤字を削減できるチャンスとなっているのに何も出来ず、このチャンスを潰しかねない消費税増税を実施する愚かしさには政治家の資質を疑わせるものだ。

 欧米の権益を代理する報道を続けるマスコミの変更情報を信じている一部国民が馬鹿を見るのは致し方ないが、他の多くの国民が同様の財産から税という名目で金を毟り取り、円高を作り出している欧米投資家に差し出そうとする所業は売国奴といわれても仕方が無いものだ。

 
 

« 米国の7月輸入物価指数は前月比-0.6%低下し、4カ月連続マイナス | トップページ | 器用貧乏 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55396883

この記事へのトラックバック一覧です: FRBは米国経済に対する大きな下押し圧力 を解消することはできない:

« 米国の7月輸入物価指数は前月比-0.6%低下し、4カ月連続マイナス | トップページ | 器用貧乏 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ