« 6月の消費者信用残高 前月比+65億ドル | トップページ | トロイカとの約束の3割程度(35億-40億ユーロ)の削減が進まず ギリシャ »

2012.08.08

スタンダードチャータード イランへの制裁で...

 リベラム・キャピタルのロンドン在勤アナリスト
   コーマック・リーチ氏
は7日の投資家向けリポートで英国金融大手の
   スタンダードチャータード
が米国の金融当局による
   制裁金 15億ドル
に加えイラン事業からの
   収入 約10億ドル
が失われるほか、上級幹部が退社すれば
   時価総額 30億ドル相当
が失われると試算した。  

   ・ 小泉純一郎 ポピュリズムの研究―その戦略と手法

 また、ショア・キャピタル・グループの銀行アナリスト
   ゲーリー・グリーンウッド氏
は同行は米国内で銀行事業を行ってはいないものの、ニューヨーク州での免許を失えば
   米国と新興市場
で事業を展開する顧客のために
   米ドル建ての支払い
を処理する業務の妨げになると指摘した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ 

 

ひとこと
 スタンダードチャータードへの制裁金などを考えれば莫大な経済的負担が増えるということになる。
 米国の司法制度を考えればいかに日本の司法制度が緩いということか判る。

   ・ 小泉純一郎と竹中平蔵の罪 佐高信の政経外科XI

 自由経済市場でのルール違反に対する制裁の苛烈さを思えば、日本が規制緩和すると同時に、刑事罰における競合罪の上限(最高刑の1.5倍)の撤廃や事件の罪数に応じた罰金を加えるように変更した上で行うようにすべきだ。

   ・ くたばれ竹中平蔵 論 さらに「失われる十年」

 捜査当局の捜査費用を犯罪者から出させるよう、犯罪行為に用いられた現金や車、調度品等全てのものを没収するなど米国の仕組みを導入する必要があるだろう。 

 

    

リコール!小泉鈍一郎―あの米国を想いこの属国を創る

 人生いろいろ 内閣もへろへろ 政治もドロドロです-。
 「怒りと嘲笑」こそが、われわれ国民の有効な武器だ。
 権力に隷従する愚者を思いっきり笑い飛ばそう!

    

« 6月の消費者信用残高 前月比+65億ドル | トップページ | トロイカとの約束の3割程度(35億-40億ユーロ)の削減が進まず ギリシャ »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55375870

この記事へのトラックバック一覧です: スタンダードチャータード イランへの制裁で...:

« 6月の消費者信用残高 前月比+65億ドル | トップページ | トロイカとの約束の3割程度(35億-40億ユーロ)の削減が進まず ギリシャ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ