« 春宵一刻 | トップページ | だれが角栄を殺したのか?―政治家・田中角栄の研究 »

2012.09.09

野田首相は12月まで政権に居座るつもり?

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)出席のためウラジオストク訪問中の
   野田佳彦首相
はロシアのプーチン大統領と現地で会談し
   北方領土問題
の解決に向け秋に
   双方受け入れ可能な解決策
を探るべく、首脳、外相、次官レベルで実質的議論をさらに進めたいと提案、プーチン大統領は
   うなずき
受け入れる姿勢を示したと会談後に、齋藤勁官房副長官が現地で明らかにした。

   ・ 国を滅ぼす本当の敵は誰なのか

   

 なお、野田首相は12月にもロシアを訪問したい意向を伝えたところ、これに対しプーチン大統領も歓迎すると述べたという。

 また、両首脳は会談で、アジア太平洋地域の環境が大きく変化する中、両国が協力を進める重要性を確認し合った。 

   ・ 原発は、明るい未来の道筋をつくる! 原発興国小論

 さらに、野田首相は
   具体的な成果
をあげるためには、国民感情への配慮が必要との考えを伝えたことなどを明らかにしたという。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 そもそも論からいえば、ロシアが日ソ不可侵条約をヤルタ会談の密約から一方的に破棄し参戦してきたものである。
 本来から言えば、千島と樺太を交換条約(明治8年)から言えば樺太の半分を含めて返還すべきだろう。 

 資源開発資金が欲しいロシアはあの手この手で日本の政治家に対するアプローチを仕掛けてくる。

 中国や米国との利害関係をコントロールしながら有利な立場で交渉できる状態になりつつあり、安易に妥協するのは得策ではない。
 政権維持を目論む野田政権では、菅政権と同様に国益に反する行為を行う可能性が高く注意が必要だろう。

   
 

日本人が知らない軍事学の常識

 政治家の嘘を見破り、“敵”の正体を見きわめる。
 普天間、尖閣、北方領土、原発、靖国から中国軍の実力まで。

 日本人に最も欠けている視点から真実に迫った画期的な書。

 

      

    
   

« 春宵一刻 | トップページ | だれが角栄を殺したのか?―政治家・田中角栄の研究 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55613091

この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相は12月まで政権に居座るつもり?:

« 春宵一刻 | トップページ | だれが角栄を殺したのか?―政治家・田中角栄の研究 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ