« ドイツの連邦憲法裁判所 ESM設立の条約批准を条件付で認める判断 | トップページ | 欧州安定化メカニズム(ESM)の理事会を10月8日に開催 »

2012.09.12

リビアの米領事館襲撃でJ・クリストファー・スティーブンス駐リビア米国大使死亡

 リビア内務省の関係者は12日、リビア東部のベンガジ(Benghazi)で11日に
   イスラム教の預言者ムハンマドを冒涜したとされる映画
に抗議する武器を持ったグループが
   米国領事館を襲撃した事件
で、J・クリストファー・スティーブンス(J. Christopher Stevens)駐リビア米国大使と領事館の職員ら3人が死亡したと述べた。

 スティーブンス大使は約4か月前に任務に就いたばかりだった。

   ・ ゴールドマン・サックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる

 このイスラム教を侮辱するような内容の映画ををめぐり、リビアや隣国のエジプトで抗議行動が広がっている。

 また、リビア副首相のMustafa Abu Shagur氏はツイッターで
   米国、リビア、そしてすべての自由な人々
に対する攻撃を非難するとの声明を出した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 リビアのカダフィー政権が社会不安の拡大から崩壊したが、宗教勢力の浸透が強まっているようだ。
 欧米や日本でも社会不安が高まれば宗教やカルト、占い等で意識をコントロールされる国民が増えている。

 

« ドイツの連邦憲法裁判所 ESM設立の条約批准を条件付で認める判断 | トップページ | 欧州安定化メカニズム(ESM)の理事会を10月8日に開催 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55642111

この記事へのトラックバック一覧です: リビアの米領事館襲撃でJ・クリストファー・スティーブンス駐リビア米国大使死亡:

« ドイツの連邦憲法裁判所 ESM設立の条約批准を条件付で認める判断 | トップページ | 欧州安定化メカニズム(ESM)の理事会を10月8日に開催 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ