« イランの核兵器開発を阻止 するとの目標で「完全一致」(米国とイスラエル) | トップページ | 売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則 »

2012.09.29

ストレステスト(健全性審査)で明らかになった資本不足額の3分の2程度の規模 で済む見込み(スペイン)

 スペインの経済・競争力省の
   ラトーレ経済担当次官
は記者会見で銀行支援で欧州から必要とする資金は
   約400億ユーロ(約4兆円)
と、ストレステスト(健全性審査)で示された資本不足額の
   593億ユーロを
下回りそうだとの認識をが示した。

   ・ 失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎

   

 正確な金額を把握するには時期尚早と述べた上で
   資本不足額の3分の2程度の規模
で済むだろうと続けた。

   ・ ジョー・マクモニーグルのサイキック歴史学 謎の邪馬台国を発見

  

 スペイン銀行(中央銀行)のレストイ副総裁は記者会見で
   バッドバンク
によって必要資本額が減ると話した。
 そのほか、一部の銀行は自力で資本を調達できるとの見通しも示した。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 株式市場が好転する動きになれば、更に支援が必要な金額は低下する見込みだ。
 景気回復が強まれば資金需要も高まり好条件での融資が可能となるため、急激に回復力が高まることも期待できる。

   ・ ジョー・マクモニーグル未来を透視する

  

 単純に1+1が2にならないのが経済だ。無能な政治家が政権を執り、悪政を行えば1+1がゼロどころかマイナスになってしまうこともありえる。
 有能な政治家や官僚であれば、1+1が3にも4にもなるだろう。

 国民目線などという曖昧な基準で政治を行うような政治家に媚びる官僚が蔓延る社会では有能な政治家や官僚は欧米に媚びるマスコミに袋叩きにされ、能力を発揮する環境が与えられていないのは明らかだ。

   ・ 魂の帰郷―あなたはなぜ生まれ、どこへ帰っていくのか

  

 事業仕分けで、同でもいいような取り組みをさも重要な事項であるかのようにマスコミ関係の政治家の声をやたら大きく報道し支援する姿勢は偏向報道そのものだでしかない。
 経済拡大策が放置され何も手付かずになっていることに注目すべきだろう。

 
 

   

十字軍騎士団

 11世紀末、聖地エルサレムをイスラム勢力から奪回せんと第1回十字軍遠征が敢行された。
 その中核として結成された、戦士と修道士の役割を同時に遂行する聖俗一致の〈キリストの戦士〉修道騎士団!
  秘密結社的な神秘性を持ち二百年後に悲劇的結末を迎えたテンプル騎士団、強大な海軍力で地中海上に現代まで存続した聖ヨハネ騎士団等、その謎に充ちた興亡を十字軍研究の権威が興味深く描いた好著。

 
    

« イランの核兵器開発を阻止 するとの目標で「完全一致」(米国とイスラエル) | トップページ | 売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55768917

この記事へのトラックバック一覧です: ストレステスト(健全性審査)で明らかになった資本不足額の3分の2程度の規模 で済む見込み(スペイン):

« イランの核兵器開発を阻止 するとの目標で「完全一致」(米国とイスラエル) | トップページ | 売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ