« イスラム諸国20カ国に置く在外公館などを一時的に閉鎖(フランス) | トップページ |  主張すれば何でもありの社会では暴力的な社会を作り出すだけだ!! »

2012.09.20

軍事衝突や戦争 をも含め想定し得る全ての準備を整える(中国)

 中国紙チャイナ・デーリーが20日、人民解放軍の海軍調査機関のディレクター
   ワン・シアオシュアン氏
が中国は尖閣諸島の領有権問題に関し
   軍事衝突や戦争
をも含め想定し得る全ての準備を整えるべきだとの発言を引用して伝えた。

(以下は発言概要)

 

日本政府による尖閣諸島国有化は
   日本の軍国主義の再来
の中で起きた。

 

中国は平和を愛する国で国民は対立解消の手段としての戦争に反対する。

 ただ、それは自国のために立ち上がる勇気の欠如を示すものではない。

 日本は中国の忍耐強さを曲解して一段の譲歩を引き出す機会と捉えるべきでない。

 尖閣問題での米国の責任は大きく、中国は日本支持の立場をとり、日本政府が尖閣諸島は日米安保条約の適用対象との立場をとることを容認している。

 中国は主権に関する問題で少しも引き下がるつもりはない。                

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 中国の奢りであり厚顔無垢な態度に冷静に対応する姿勢では姿勢が増長するだけで解決にはならない。
 時間経過とともに更に要求や厚かましさは高まってきていることを忘れるべきではない。
 日本政府や中国よりの対応が多いマスコミでは日本の主権が脅かされるだけだ。

 チベットやウィグルなどへの中国軍や警察による虐殺行為など暴力的な対応が平和的と主張していることをよくよく考える必要がある。

 

« イスラム諸国20カ国に置く在外公館などを一時的に閉鎖(フランス) | トップページ |  主張すれば何でもありの社会では暴力的な社会を作り出すだけだ!! »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55702596

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事衝突や戦争 をも含め想定し得る全ての準備を整える(中国):

« イスラム諸国20カ国に置く在外公館などを一時的に閉鎖(フランス) | トップページ |  主張すれば何でもありの社会では暴力的な社会を作り出すだけだ!! »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ