« 習近平国家主席が誕生したとしても権力は限定的 | トップページ | 金正男の暗殺指令 »

2012.09.27

野田佳彦首相 領有権の問題 は存在しないという立場から妥協するつもりはない

 野田佳彦首相はニューヨークでの26日の記者会見で
   中国が領有権を主張
している尖閣諸島は日本固有の領土であり
    領有権の問題
は存在しないという立場から妥協するつもりはないことを明らかにした。

 この会見はNHKが中継した。

   ・ 日本固有の領土 尖閣を守れ!―尖閣問題の基本が分かるQ&A

 

 首相は尖閣諸島に関して中国に妥協する可能性について聞かれ、尖閣諸島は歴史上も、国際法上も我が国の固有の領土であるということは明々白々だと指摘した。

 その上で、領有権の問題は存在しないというのが基本であり、そこから後退をする妥協ということはあり得ないと明言した。

 尖閣、竹島をめぐる問題で悪化している日中、日韓関係について
   お互いに大局観を見失わず
に意思疎通を図ることがとても大事だ。

   ・ 尖閣戦争 米中はさみ撃ちにあった日本

 

 問題解決は力によるものではなくて、あくまで国際法にのっとって冷静に対応していくことが何よりも基本だと語った。

 記者会見の前に、野田首相は国連総会で演説し、領土、領海を守ることは国家としての当然の責務だと述べた。
 日本もそのような責務を国際法にのっとって果たしていくと主張した。

   ・ 尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか

 

 中国、韓国について直接は言及しなかったが、自らの主義、主張を
   一方的な力や威嚇
を用いて実現しようとする試みは
   国連憲章の基本的精神
に合致せす、人類の英知に反するもので決して受け入れられるものではないと語った。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 中国は武力行使を臭わしており、こうした軍事行動が行われた場合の対応についても発言すべきであった。
 また、李承晩ラインを一方的に設定し軍事侵略して実効支配している韓国に対しては日米安保条約の上からの対応を強くすべきだ。

   ・ 「本当のこと」を伝えない日本の新聞
  

 単なる空手形となっている安保条約で毎年金を差し出すだけが日本の政治ではない。米軍に対し踏み絵を踏ませる必要がある。踏み絵を米軍が踏まなければ安保条約で米国に与えている特権を剥奪することも考えないといけない。

 

    



戦後史の正体

 日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、 その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。



 

« 習近平国家主席が誕生したとしても権力は限定的 | トップページ | 金正男の暗殺指令 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55755914

この記事へのトラックバック一覧です: 野田佳彦首相 領有権の問題 は存在しないという立場から妥協するつもりはない:

« 習近平国家主席が誕生したとしても権力は限定的 | トップページ | 金正男の暗殺指令 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ