« 米国の消費者マインド指数が発表されると、株価は上げ幅を拡大 | トップページ | 消えたヤルタ密約緊急電: 情報士官・小野寺信の孤独な戦い »

2012.09.15

雇用市場、そして雇用の見通し が政策議論における中心的な問題

 ロックハート総裁(アトランタ連銀)はアトランタ連銀で開かれた
   雇用市場に関する会議
で、連邦公開市場委員会(FOMC)が13日発表した声明で
   緩慢な雇用の伸び
を指摘したのはご存知の通りであり
   追加刺激策
がなければ
   雇用市場の改善
を維持できるだけの経済成長が得られない可能性がある。

    

 FOMCの声明やバーナンキ議長の記者会見での発言についてさらに詳しく説明はしないが
   雇用市場、そして雇用の見通し
が政策議論における中心的な問題になっているとの認識を示した。

   ・ 大東亜戦争を見直そう―アジア解放の理想と花開く武士道物語

  FOMCは12-13日に開催した会合終了後に声明を発表し、長期証券の保有を拡大する量的緩和第3弾(QE3)を実施すると表明した。オープンエンド型の形式をとり、政府支援機関の住宅ローン担保証券(MBS)を毎月400億ドル購入する。

 ロックハート総裁はこの決定に賛成票を投じたという。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 大統領選挙の年であり、これから雇用の拡大策を当然ながら政府は協力の展開する見込みだ。
 対する日本の政府や野党の政治家は国民に対し霞を食って生きろというような姿勢が垣間見られる。

   ・ GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く

 

 自己責任や規制緩和等小泉政権がマスコミを利用して国民の目を
   国家体制のフレーム
を破壊する点に集中させ、これ以後の国策が
   欧米への利益献上
が容易に出来る仕組みに組織変更された状況を見れば、
   明治維新を連想
させ将来の発展を期待させる「維新」という名称を安易に使う政治集団の幼稚さより、こうした勢力を拡大させる原動力ともなるバックにある欧米流の魑魅魍魎とした謀略の存在をよく考えるべきだろう。

   ・ こうして世界は誤解する ジャーナリズムの現場で私が考えたこと

 

 単純に1600兆円の国民資産が1400兆円まで減少し、200兆円がマイナス状態になっている。
 この間、経済活動を行っているが、預金等が増えもしていない状況を作り出している。

 これが日本の現政権とマスコミが政策の柱として実施している
   事業仕分けで節約する無駄と称する税
と比較してどれほど莫大な資金が日本から霧散消滅したかを国民はマスコミの偏向報道に踊らされることなく考える必要があるだろう。

   ・ 大マスコミ 疑惑の報道

 

 消費縮小を狙った公務員給与の引き下げをはじめとした賃金抑制策により低賃金層を拡大させることで消費活動を縮小させ、連動した指数調整の影響で年金生活者の年金が引き下げられたこと(原因)をよく考える必要があるだろう。

 欧米への利益供与を裏に隠した大手メディアの偏向報道の情報に一喜一憂して馬鹿踊りをして節操のない発言を繰り返してヒステリーに行動するだけでは経済が衰え、国力が低下し飢餓が起きかねない。


        

 

 ・ アメリカはなぜ日本に原爆を投下したのか

 アメリカが日本に原爆を投下したのは、対日戦を早く終わらせ
   上陸作戦による犠牲を避けるため
だとされてきた。
 だが、軍事的観点からは、その必要がなかったことは、今では常識である。
 また、人種的偏見、ソ連に対する示威も要因としてあげられてきた。

 しかしながら、これらの理由だけでは、なぜトルーマン大統領が原爆の投下を命じたのかは説明しきれない。
 本書は、トルーマンの性格と彼の置かれた立場を分析することによって、彼が原爆投下の決定を下すに至る経緯を初めて明らかにした衝撃の書である。

 

     

« 米国の消費者マインド指数が発表されると、株価は上げ幅を拡大 | トップページ | 消えたヤルタ密約緊急電: 情報士官・小野寺信の孤独な戦い »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55659629

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用市場、そして雇用の見通し が政策議論における中心的な問題:

« 米国の消費者マインド指数が発表されると、株価は上げ幅を拡大 | トップページ | 消えたヤルタ密約緊急電: 情報士官・小野寺信の孤独な戦い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ