« 何もせずに状況を見守る という選択肢を取れば危険 | トップページ | ギリシャ ゼネストが26日に予定 »

2012.09.26

米国はイランによる 核兵器入手を阻止 するために必要な行動を取る

 米国のオバマ大統領は25日、ニューヨークで始まった国連総会で演説した。

 

米国はイランの核兵器開発を阻止するために
   必要な行動を取る
と表明し、
   外交的な解決策
を模索する時間は無限ではないと警告した。

 ただ、交渉の余地はまだ残されていると述べた上で
   イランの核武装
はイスラエルを危険にさらし、域内の軍拡競争を引き起こし、世界経済を不安定にさせるだろうと述べた。

 さらに大統領は、間違いを犯してはならないと述べた上で
   核武装したイラン
は抑制可能な問題ではないと断じ、米国はイランによる
   核兵器入手を阻止
するために必要な行動を取ると表明した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 大統領選挙を意識した発言のひとつだろう。
 ユダヤ系の資金を渇望し、票田の確保も狙ったものかもしれない。

 ただ、過去の歴史を見れば国内経済が回復しない場合には米国民の目を外に向けさせ危機を作り出して国民の意識をひとつにするような手法が繰り返し行われてきた。

 明治維新以降の文明開化で西欧に追いつくため、重化学工業まで進んだ日本経済において、国力を高めるため工業化に必要な資源でもある石油や鉄鉱石等の対日輸出を米国が禁止したことで、日本国内産業の息の根を止める状況を作り出し、日本国民の不満を高めることで情報収集の欠如から外交の稚拙さが裏目に出て、意図的に仕組まれた謀略に引っ掛かり、日本が対米開戦をさせられた流れにも似ている。

 イラクの石油利権がフセイン失脚後に欧米の思うがままに配分が行われている点も考える必要があるだろう。

 
 
 
 

« 何もせずに状況を見守る という選択肢を取れば危険 | トップページ | ギリシャ ゼネストが26日に予定 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55746900

この記事へのトラックバック一覧です: 米国はイランによる 核兵器入手を阻止 するために必要な行動を取る:

« 何もせずに状況を見守る という選択肢を取れば危険 | トップページ | ギリシャ ゼネストが26日に予定 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ