« 円は主要通貨に対し全面安 | トップページ | マインドコントロールX »

2012.10.16

米国の2013年の経済成長率は3.5%に加速し、失業率が7%近くに低下する可能性が高い

 ブラード総裁(セントルイス連銀)は、セントルイスでの講演で
   国内総生産(GDP)成長率
は今年2%付近に上昇し、その後さらに加速すると予想した。

 セントルイス連銀の試算を引用する形で約8%になると説明した。

 

個人消費支出(PCE)価格指数の今年と来年の予想は2%上昇で、金融当局の目標と一致するとした。

 また、米国の2013年の経済成長率は3.5%に加速し、失業率が7%近くに低下する可能性が高いとの認識を示した。   

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 製造業の国内回帰が順調に進んでいるようだ。
 物流費用がエネルギー上昇の影響を受け海外生産では割高になる傾向が出てきているためだ。
 米国内で生産されるシェールガスやシェール原油が大幅に拡大している影響も認識する必要があるだろう。

   
   

« 円は主要通貨に対し全面安 | トップページ | マインドコントロールX »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55901452

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の2013年の経済成長率は3.5%に加速し、失業率が7%近くに低下する可能性が高い:

« 円は主要通貨に対し全面安 | トップページ | マインドコントロールX »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ