« ありがとさん―禅僧法話・いまが誕生、いまが極楽 | トップページ | 地蔵のこころ 日本人のちから »

2012.10.22

英国にとり何が国益であるかを明確にすることが重要

 英国のキャメロン首相は19日、英国が
   欧州連合(EU)から緩やかに離脱
しようとしているとの見方を否定した。

 また、英国と欧州におけるこれまでとは異なる、新たな関係構築を望んでいると語った。

 

記者との会見ではEUから離脱する考えがあるかとの質問に対しては、そのような考えはないと否定した。
 その上で、EU内の力学が変わる必要があると述べた。

 

EUが進めるユーロ圏の財政統合案や、英国の金融機関に影響をもたらす可能性のある
   ユーロ圏銀行同盟
の創設は、英国の主要な懸念となっている。

 

また、ユーロ圏11カ国で早ければ来年にも導入予定の
   金融取引税
も、英国に影響をもたらす可能性がある。

 同首相は英国にとり何が国益であるかを明確にすることが重要と述べた。

 ロイターはフィンランドのストゥブ欧州問題相がインタビューで
   英国の対EU政策
はますます理解困難となっており、英国が徐々にEUと別れを告げようとしているように感じられると発言したと報道した。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 政治家はメディアや海外勢力の影響を受けるのではなく、国益を最大化する努力が一番重要だ。
 国民目線とか国民の生活を重視すると言った曖昧な表現では、利害対立が当然生じるポジションでの話になり矛盾が生じるものだ。
 利害対立を煽るような政治は社会を混乱化させるものであり、現政権が行なっている政策の欠点だ。

 矛盾を生じさせる政策を中心にすえることは社会混乱や秩序崩壊が引き起こされ国力がより低下しかねない。
 国益を最優先した取り組みを行なうことが結果として国民の利益になるようにすべきである。

 総論賛成各論反対の政治家は地方自治に回るべきであり、国政には必要が無い。

 
    

« ありがとさん―禅僧法話・いまが誕生、いまが極楽 | トップページ | 地蔵のこころ 日本人のちから »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55945093

この記事へのトラックバック一覧です: 英国にとり何が国益であるかを明確にすることが重要:

« ありがとさん―禅僧法話・いまが誕生、いまが極楽 | トップページ | 地蔵のこころ 日本人のちから »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ