« ユーロが米ドルに対して続伸 | トップページ | グルジアでは親米派の現政権が選挙で大敗 »

2012.10.03

イラン通貨リアル急落は「心理戦争」

 イランのアハマディネジャド大統領は、イラン通貨リアルが1日に
   対米ドルで過去最安値
をつけた。
 これを受け アハマディネジャド大統領は2日、首都テヘランで行われた記者会見で通貨暴落はイランへの
   経済制裁をリアル暴落の要因
として挙げ、イランに対する「心理戦争」だと非難したうえでイラン国民に冷静な対応を呼び掛けた。

 

 イラン国民は運命を共にしている。イランは偉大な国家であり、この危機を乗り越えると述べ「状況は改善するだろう」と続けた。

 イランの核問題に対し
   米国と欧州連合(EU)
が過去1年間で貿易や金融面の制裁を強化した影響から
   リアルの実勢レート
は過去1年間下落が続いており、前日に対ドルで約18%下落し、1ドル=35000リアルをつけた。

 イランの核開発の阻止を目的としたこれらの制裁に伴い、イランは同国最大の輸出品である原油などをドル建てやユーロ建てで売却する能力を制限されている。

 

テヘランのトレーダーによると、2日は39000リアルで取引されているという。

 なお、イラン中央銀行が設定する公式レートは1ドル=12260リアルとなっているがリスク回避の売りが続いている。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 
ひとこと

 イラン経済の封じ込め作戦は成功しつつあるようだ。ただ、この封鎖に伴う影響は取引が大きかったギリシャ経済を直撃しており、ユーロ通貨の下落を招いていると考えることも出来るだろう。

 インドや中国は非同盟諸国としてイランからの原油輸入の拡大を進めており、イラン国籍のタンカーによる原油運搬が活発化しており、原油流通の変化が見られる。

 イランの核問題で武力行使が行われた場合にはホルムズ海峡が閉鎖されるとエネルギーの供給が滞り、世界的なパニックになる可能性は捨てきれない。

 ただ、米国内で産出されるシェールガスの販路がこうした事態が起きた場合に一気にシェアを広げる可能性があり別の視点で物事を考えることも必要だろう。

  
   

« ユーロが米ドルに対して続伸 | トップページ | グルジアでは親米派の現政権が選挙で大敗 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55802208

この記事へのトラックバック一覧です: イラン通貨リアル急落は「心理戦争」:

« ユーロが米ドルに対して続伸 | トップページ | グルジアでは親米派の現政権が選挙で大敗 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ