« シリアからの砲撃に連日応戦 シリアに軍事侵攻か?(トルコ) | トップページ | ユーロは対ドルでほぼ3週ぶり大幅高 »

2012.10.04

対イラン制裁

 米国務省のヌーランド報道官は、1日、記者団にイランの核開発問題をめぐる
   対イラン制裁
はイラン経済に「より深く」食い込んでいると指摘、イランは核プログラムを止めるべきと繰り返した。

   ・ 戦前アメリカの対日関係 アメリカはどのようにして対日戦争に至ったか

  

 イラン通貨リアルは過去1週間でリアルの価値は25%以上目減りし1日の市場取引では対米ドルで急落した。

 今年に入り、米国と欧州同盟国等が
   イラン産原油の禁輸措置
やイラン中央銀行と取引した銀行を対象とする制裁措置などイランへのに対する制裁を強化した。

 先週イランが懸命の自国通貨支援をしたにもかかわらず、1日の金融市場でリアルの対米ドル相場は歴史的低水準に下落したと指摘した。

   ・ 中国大分裂 改革開放路線の終焉と反動

   

 米国側から見れば、これは、イラン経済への
   容赦ない国際的圧力
が奏功しておりイラン経済は大きな圧力を受けていることを明らかにした。  

 経済制裁はイラン経済により深く食い込んでおり、それはイラン指導部の目算を変化させるうえで重要な要因と指摘した。

   ・ グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本

   

 米国などの国がイランへの圧力を強めているのは国際社会が
   イランの核兵器保有を容認しない
ということを同国に理解させるためと説明、イランは選択をしなければならないと述べた。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 イランの経済が崩壊した場合には大きな問題が起きるかもしれない。
 宗教に支配された国家だが、専制君主のサウジやUAEなどでも民主化問題が激化する可能性もある。

   

      

 
     

« シリアからの砲撃に連日応戦 シリアに軍事侵攻か?(トルコ) | トップページ | ユーロは対ドルでほぼ3週ぶり大幅高 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55802450

この記事へのトラックバック一覧です: 対イラン制裁:

« シリアからの砲撃に連日応戦 シリアに軍事侵攻か?(トルコ) | トップページ | ユーロは対ドルでほぼ3週ぶり大幅高 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ