« 失業率は2014年まで7%に低下することはない | トップページ | 適格担保基準を見直す必要がある(ECB) »

2012.10.02

量的緩和策などの金融政策が米ドルの価値を損なうことはないとの認識

 バーナンキ議長(FRB)は、1日、インディアナポリスで講演後の質疑応答で、金融当局の
   景気刺激策
が外国為替市場における米ドルの価値を損なうことはないとの認識を示した。

   ・ 白い人が仕掛けた黒い罠ーアジアを解放した日本兵は偉かった

   

 量的緩和策などの金融政策と強い米ドル維持との間に不整合があるとは考えていないと述べた。
 さらに、米ドルは危機前とほぼ同水準にあると述べた上で
    最大限の雇用
    低く安定したインフレ
に向けた取り組みにより、米ドルは今後も魅力的な通貨であり続けると指摘した。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 米国としては貿易の決済の基軸通貨といての価値を保つことが当然視されているということだ。
 本来、米ドルに替わるべきユーロへの信頼感が低下した影響が背景としてある。

   ・ 朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった

   

 人民元は中国の拡張主義や膨大な人口が経済発展の阻害要因として見えてくることで価値の上限から滑り落ちる見込みだ。
 本来であれば国債発行高がGDP比較で考えれば円の価値が100円台似合ってもおかしくない日本は、消費税増税等で国債の発行を抑えるという日本の国益にとって相殺するという逆の政策を実行しようとしている。

 

       

 

 円高を享受してその価値を最大限日本国民に供与するのは、国債発行を倍増し、海外の投資家に高値の円レートで換算した米ドル等外貨で売りつける方法だ。
 また、日本が保有する外貨を使って清算する手段も使える。
 円が国際貿易で決済通貨としての地位を高めるきっかけにもなる。そのためにも発行する円紙幣を増やしておくことは必要だろう。

   ・ 関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実

 

 これは何も政府が行う必要はなく日本の邦銀が保有する国債を使ってファンドを組み外国人投資家に売り込めばいい。
 直接的に国家が関与すれば欧米は非難するが、民間企業が実行すれば何もいえないだろう。
 国は間接的に国債の発行量を増やして民間企業に供給すればいい。

   ・ 日本再生を妨げる 売国経済論の正体

 

 こうした動きを強めることで、日本のソブリン債券の取引額に影響のある国の格付けが下がり、円安を引き起こすことが出来る。
 日本のソブリン債券の市場での流通価値が低下したところを保有する外貨を使って買い戻し、円に交換すれば2重に利益が転がり込むだろう。

 ただし、政権が脱原発等といった政策を一時表明したことで電力会社やエネルギーを輸入に頼る企業が米国のシェールガス等の取引契約で高い価格で契約が締結されてしまっており、インフレが高まり経済の成長を阻害し首が一時的に回らなくなってしまいかねない。

       

 

 権力の暴走を止める3権分立の仕組みが
   政治主導
を表明した政治家がマスコミを利用し、大衆を扇動し世論をへし曲げるような政治を進めることは、次第に権力機構が暴走を始め社会全体がヒステリと化し制御できなくなって大きな損害を国民に与えることになる。

   ・ 「反日」の構造 中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か

 

 大正デモクラシーやワイマール政権化での社会と同じで国民の一部が勝手な振る舞いや発言を強めることにより暴徒化する動きに対し抑制力が強く働くことにより生じかねない。

 

     

 

 現状のマスコミの報道を見れば意図的に偏向報道を垂れ流し、海外勢力や宗教団体の影響を受けたタレント等を多用して低俗なレベルの番組を流し続け国民の一部を白痴化させようとしているようにも見える。

   
   

« 失業率は2014年まで7%に低下することはない | トップページ | 適格担保基準を見直す必要がある(ECB) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55795089

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和策などの金融政策が米ドルの価値を損なうことはないとの認識:

« 失業率は2014年まで7%に低下することはない | トップページ | 適格担保基準を見直す必要がある(ECB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ