« 「思考」のすごい力 | トップページ | なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓 »

2012.10.05

ダラーラ専務理事(IIF) ギリシャ経済の回復には救済条件の緩和が必要

 国際金融協会(IIF)の
   ダラーラ専務理事
は4日に国際通貨基金(IMF)運営委員会に宛てた書簡で、は世界の政策当局者に対し、ギリシャの
   公共投資拡大
   救済条件緩和 など
の措置を通じて経済成長を回復させるよう呼び掛けた。

   ・ 日米衝突の根源 1858-1908

  

 ギリシャは310億ユーロ(約3兆1700億円)の
   次回救済融資
を受けるため、緊縮策について欧州連合(EU)とIMFの当局者との間で合意を目指している。

 世界的な回復の失速を回避し、国や地域的な出来事に伴う他の国・地域への強い悪影響に対処するために
   緊急の政策調整
が必要とされていると指摘した。

   ・ 日本開国 (アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由)

  

 460余りの金融機関を代表するIIFは、ギリシャに
   財政赤字目標
の達成で時間的猶予を与えるべきだと主張した。

 欧州安定化メカニズム(ESM)による銀行への資本注入に向けた銀行監督の一元化や欧州中央銀行(ECB)による新たな債券購入プログラムなどの措置に言及した。

   ・ 歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実

   

 書簡は、ユーロ圏のプログラム実施を焦点に10月9-14日に東京で開催される
   IMFと世界銀行の年次総会
に先立って送付された。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 経済の閉塞感を高める財政緊縮策は消費市場を縮小させる力が強く働くため、短時間の回復が期待できる場合は有効だが、長期の実施では逆効果になるだけだ。

 
 

    

 

ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕 

 日米開戦70年記念――幻の名著、遂に完訳!
  1941年12月8日、日本は遂に対米開戦に追い込まれる――。
  大統領ルーズベルトが
   非戦を唱えながら日本を対米開戦に追い込む
過程を膨大な資料を元に容赦なく暴き、48年に発刊されるも直ちに「禁書」同前に扱われ、占領下日本でも翻訳されることのなかった政治・外交史の大家の幻の遺著、遂に全訳刊行!

 
   

« 「思考」のすごい力 | トップページ | なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55816574

この記事へのトラックバック一覧です: ダラーラ専務理事(IIF) ギリシャ経済の回復には救済条件の緩和が必要:

« 「思考」のすごい力 | トップページ | なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ