« ケース・シラー住宅価格指数は大幅な伸び | トップページ | ハイパーインフレの悪夢 »

2012.10.31

市場の不安定化要因を4週間で抑え込めるか?

 モスコビシ仏財務相はベルリンで開いたショイブレ独財務相との共同記者会見で
   ドイツとフランス
は今後の4週間で、ギリシャ財政の問題が
   市場の不安定化要因
となることを阻止する方策を模索すると発言した。

   ・ 最後の遣唐使 副使を蹴った男 小野篁

 

 欧州当局者らは
   ギリシャ救済計画
を軌道に戻すため取り組んでおり財務相会合等が臨時のものも含め3回も11月上旬までに開催される。

 

   

 

 両財務省の当局者らは31日に予定されているギリシャ関連の電話会議に向けた下準備として、前日に続いてブリュッセルで交渉を行っている。

   ・ 遣唐使の見た中国と日本 新発見「井真成墓誌」から何がわかるか

 

 ショイブレ財務相は、この作業グループが
   ギリシャに関する困難な問題
について、一歩ずつ前進していると述べた。

 また、モスコビシ財務相はギリシャ問題に対する
   不透明を解消
するため、われわれは11月も
   包括的な解決策
を模索し続けるということを強調したいと発言した。

 そのために全力を尽くすと表明した。

   ・ 大和の豪族と渡来人―葛城・蘇我氏と大伴・物部氏

 

 独仏両国は等しく、ギリシャがユーロ圏にとどまりユーロ圏全体を守るために
   必要な行動を取るよう決意
していると強調した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 欧州統一通貨ユーロを導入しているため、経済回復から税収を増加させる手法でもある通貨政策という手法が取れないことが一番問題だ。

   ・ 知っておきたい「食」の日本史

 

 ユーロ導入の影響だが、欧州連合内で経済のてこ入れ策が強化され資金が至上に流れ込むことで景気回復の道筋が作られなければ、単にギリシャ問題を先延ばしにしていることでしかない。

 ユーロ導入国内の労働力の移動が自由化されていないことで経済格差の歪が弱い経済の国家に強く出ている現象だ。

 
   

« ケース・シラー住宅価格指数は大幅な伸び | トップページ | ハイパーインフレの悪夢 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56009444

この記事へのトラックバック一覧です: 市場の不安定化要因を4週間で抑え込めるか?:

« ケース・シラー住宅価格指数は大幅な伸び | トップページ | ハイパーインフレの悪夢 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ