« 一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! | トップページ | 中国の9月の消費者物価指数(CPI)の伸び率は2年ぶり低水準近辺との見込 »

2012.10.12

英国は自国の銀行を 欧州中央銀行(ECB) の監督下に置くことを容認しない

 イングランド銀行(BOE中央銀行 英)の
   次期総裁に立候補
している金融サービス機構(FSA)の
   ターナー長官
は11日ロンドンで金融業界幹部らに対する講演で
   ユーロ圏の銀行同盟
に入る必要もなければ、参加することもないだろうと発言した。

 なお、英国の銀行を
   欧州中央銀行(ECB)
の監督下に置くことを容認しないとの見解を示した。

 欧州連合(EU)首脳は6月、ECBに銀行監督を一元化させる計画を打ち出した。

   ・ 国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密

 

 ユーロ圏救済基金からの
   銀行への直接資本注入
を可能にするための措置で、EU27カ国全てが同案を承認する必要がある。

   ・ 世界権力構造の秘密

 

 経済成長の低迷が続けば、規制当局は
   資本と流動性に関する規制
をさらに緩和する可能性があるとも述べ、ユーロを導入していないEU加盟国は、自国の主張が尊重されるよう求めている。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 市場統合までは良いとしても、金融政策までEUの握られては経済力の格差が強くでて経済を蹂躙する勢力の台頭許しかねない。
 これでは主権国家とは言えず、経済力の差で国民の福祉に大きな隔たりが生じ、時間経過により改善されることなどありえないだろう。

   
   

      

 
   

« 一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! | トップページ | 中国の9月の消費者物価指数(CPI)の伸び率は2年ぶり低水準近辺との見込 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/55874615

この記事へのトラックバック一覧です: 英国は自国の銀行を 欧州中央銀行(ECB) の監督下に置くことを容認しない:

« 一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! | トップページ | 中国の9月の消費者物価指数(CPI)の伸び率は2年ぶり低水準近辺との見込 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ