« 北朝鮮が長距離弾道ミサイル の発射を準備 | トップページ | 11月の企業景況感指数は連続上昇(ドイツ) »

2012.11.23

 空母 「遼寧」 の甲板上で艦載機「殲15」 の着艦訓練を実施

 中国メディアによると中国海軍は23日、中国初の
   空母 「遼寧」
の甲板上で艦載機
   「殲15」
の着艦訓練を実施し、初めて成功させたと伝えた。

  傳解放軍殲-15戰機在遼寧號航母成功降落
  

 

 空母の運用能力を高めるため、今後も「遼寧」を使った訓練を続けることを明らかにした。

 これまでは艦載機を空母の甲板に接触させてすぐに飛び立つ
   タッチ・アンド・ゴー
の訓練を実施していた。

 

 中国空母遼寧とロシアの同型艦アドミラル・クズネツォフ
 

 

 旧ソ連から購入し、大連港での改修が続いていた「遼寧」は9月に海軍に引き渡されて就役している。
 現在は渤海海域で、就役後2回目の航海訓練を実施しているが米国の大型空母に搭載されているようなカタパルトはなく輪留めと遮蔽板で推進力を確保して飛び立つ方式だということだ。

 第二次世界大戦中に日本海軍が戦艦大和等に設けていた航空機の射出装置すらない代物の空母で軍備としては話にはならない装備だろう。とにかく、戦闘機を飛ばすのに時間が掛かるだけであり、ハリボテ空母で虚勢しているものでしかない。

 なお、上海の造船所では同型空母の建造が進められている。(関連記事

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 中国軍は所詮、ハリボテの軍備でしかない。
 陸海空軍も人数だけが消耗品のごとく多くいるだけで戦術や軍備、操作技術、戦略など全てが物まねでしかない。

 潜水艦で日本領海を侵犯した事件も潜行して潜望鏡を出しての操船技術がなっていないために島影を見間違えたのが原因なのだろう。
 大連の基地まで潜行して帰還したようだが、自衛隊のソナー追尾が続き音で昼夜眠られなかったとも言われている。

 
 

« 北朝鮮が長距離弾道ミサイル の発射を準備 | トップページ | 11月の企業景況感指数は連続上昇(ドイツ) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56175888

この記事へのトラックバック一覧です:  空母 「遼寧」 の甲板上で艦載機「殲15」 の着艦訓練を実施:

« 北朝鮮が長距離弾道ミサイル の発射を準備 | トップページ | 11月の企業景況感指数は連続上昇(ドイツ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ