« 中国 10月の製造業購買担当者指数(PMI 、季節調整済み) | トップページ | 日本経済の真相 »

2012.11.02

欧州の銀行同盟の計画やシステム上重要な銀行について話し合い?

 ドイツ政府の当局者が1日、ベルリンで匿名を条件に記者団に語ったところによればメキシコ市で4、5両日開催される
   20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
では、欧州の銀行同盟の計画やシステム上重要な銀行について話し合われることが予定されているという。

 ドイツは納税者による
   巨大銀行の救済
が必要になることを防ぐ取り組みを推進している。

  ・ 幻の黄金時代 オンリーイエスタデイ'80s

 

 ドイツはG20での主要議題を
   金融市場規制
とするよう働き掛ける方針であることを明らかにした。
 また、規制をめぐる取り組みを上流に向かって舟をこぐことにたとえ
   手を緩めれば押し戻される
と指摘した。

 

    

 

 ショイブレ独財務相はG20の基調演説で、世界的な景気減速の原因が
   ユーロ圏のソブリン債危機
にあるとの見方の
   打ち消しに努める意向
だという。

  ・ 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

 

 このため危機の現状に加え
   通貨同盟の基盤
を強化し混乱を収束させるための長期的取り組みを説明する。

 また、ギリシャについては
   債務の持続可能性
を中心に
   多くの未解決の問題
があるものの、今回のG20ではギリシャは議題にならないだろうと述べた。

  ・ 白洲次郎 占領を背負った男

 

 メキシコでのG20の主要な課題は
   世界経済の成長てこ入れ
だとし、国際通貨基金(IMF)の議決権改革とエネルギー、財政赤字半減の決意の再確認も焦点になると語った。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 主要国要人が欠席し価値の低い会議となる今回のG20でドイツの口車に乗り主要なメンバーに引き込まれ賛同しかねない日本は金を出さされ、国益を毀損する行動を再び行なうことが懸念される。

 

    

 

 政権維持を主要目的として国民の目を外に向けさせ、世界貢献などという甘い考え方を流布し、国内の資産をタダで海外に流す仕組みを与野党が政権交代してもここ10年近く行なってきた。

 CMで宗教団体の寄付を募る手法がメンタル的なサブミナル効果を加えている感じが強く、金を引き出すような行為を積極化させる取り組みのひとつとして意識洗脳が行なわれているようにも見える。

  ・ 最後の強敵日本を撃て―大暴落・円高・政治混乱、これは偶然ではない ユダヤ世界支配の議定書(プログラム)

 

 資金を出すからには権益を貰うといった交渉が必要だが、馬鹿同然の閣僚では交渉すら出来ておらず、恫喝で震え上がり資金をおびただしく出さされている。

 輸出企業等も同様の有り様でリコールとかダンピング提訴などあらゆる手法を駆使して日本に流れ出す資金を瀬戸際で止める手段が講じられているため、日本国全体の利益が拡大すらしていない。

 年金資金の蓄積でも投資対象に株の配当を引き上げれば黒字になるのは必然だが、内部留保を是とする姿勢が年金の赤字化を促進している点に注目すべきだろう。

  ・ ブッシュの「神」と「神の国」アメリカ―宗教が動かす政治

 

 利回りを増やす方向に日銀が動き金利を引き上げれば大部分の問題は解決する。
 一部の企業を助けるために消費税や年金の引き上げをもくろむ政治家が多いのが問題だろう。

  ・ 最強国家―日本の決断

 

 企業の内部留保された資金を配当金や従業員の給料等に回し消費活動を活発化させる方向に舵を切らせるべきだ。
 宗教政党や与野党の一部が主張する年金も納めず生活保護に頼るような国民に資金を与える方向に資金を流そうとする政治は弱者救済とはならない悪策でしかない。

  
 

« 中国 10月の製造業購買担当者指数(PMI 、季節調整済み) | トップページ | 日本経済の真相 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56023551

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の銀行同盟の計画やシステム上重要な銀行について話し合い?:

« 中国 10月の製造業購買担当者指数(PMI 、季節調整済み) | トップページ | 日本経済の真相 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ