« ユーロ圏の財政難国向けの融資 で一部が返済されない可能性 | トップページ | 10月の産油量、年初来最低(OPEC) »

2012.11.09

不動産市場の引き締め策を維持(中国)

 中国政府が不動産市場の引き締め策を維持したことが響き10月の住宅販売額は
   前月比-6.8%
に減少した。  

   ・ 食の終焉

 

 中国国家統計局の1-10月と1-9月のデータに基づくと、10月の住宅販売額は
   5037億元(約6兆4000億円)
と、9月の5404億元から減った。  
 9月は前月比+19.6%に増加していた。

   ・ 「依存症」の日本経済

 

 1-10月の住宅販売額は
   3兆8800億元(前年同期比+6.6%)
だった。

   ・ 男性不況――「男の職場崩壊」が日本を変える

 

 統計局がウェブサイトに9日掲載した資料によれば
   住宅とオフィスビル
   ショッピングモール など
の不動産投資は1-10月に
   5兆7600億元(前年同期比+15.4%)
だった。
 なお、伸びは昨年1-10月の31%増から鈍化した。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 中国の住宅市場への市場の信頼感が揺らいでいるのかもしれない。

   ・ 日本経済のほんとうの見方、考え方: 円の実力は1ドル=110円

 

 国家の所有でもある不動産であり、利用料としては相対的に高いものではないが、一方的に権力側から接収されるリスクはかなり大きいだろう。

 
  

« ユーロ圏の財政難国向けの融資 で一部が返済されない可能性 | トップページ | 10月の産油量、年初来最低(OPEC) »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56076830

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産市場の引き締め策を維持(中国):

« ユーロ圏の財政難国向けの融資 で一部が返済されない可能性 | トップページ | 10月の産油量、年初来最低(OPEC) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ