« イスラエルとハマスの停戦がまもなく合意 | トップページ | 物価上昇率3%は経済に対する悪影響 »

2012.11.21

米国経済は回復の兆しありあり

 米国連邦準備制度の地区連銀理事らは20日公表された公定歩合議事録で
   9月と10月の会合
における発言として、米国内における
   住宅市場の回復
   個人消費の拡大
   エネルギーと農業分野の堅調さ
についてさらなる兆しが見えていると指摘したことが分かった。

   ・ 経済大国なのになぜ貧しいのか?

  

 同議事録によると
   大半の理事
が建設と販売の伸びを含め
   住宅セクターの回復
を示すさらなる兆しを見たという。

   ・ 前川春雄「奴雁」の哲学―世界危機に克った日銀総裁

 なお、一部の理事は自動車を中心に個人消費が上向いたと指摘し、エネルギーと農業セクターは引き続き堅調だと述べた理事もいたちう。              

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 住宅市場は自動車産業と双肩ともいえる裾野の広い産業だ。
 内需拡大を強化して建設業会の事業を拡大させる動きを強めるべきだろう。

   ・ 日銀不況―停滞の真因はデフレ政策だ

 

 社会インフラの出においても日本の建設業かにの体力強化が必要なのはいうまでも無いことだ。
 ただ、事業規模が2桁欧米の建設業者と比較して小さいため、合併等で陣容を拡大させることが急務だろう。 

 
  

 

 
  

« イスラエルとハマスの停戦がまもなく合意 | トップページ | 物価上昇率3%は経済に対する悪影響 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56158736

この記事へのトラックバック一覧です: 米国経済は回復の兆しありあり:

« イスラエルとハマスの停戦がまもなく合意 | トップページ | 物価上昇率3%は経済に対する悪影響 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ