« 資金繰り難の部門 からMBIAが距離を置く動きを阻止する狙い | トップページ | 最大の経済規模 を持つカタルーニャ州政府が選挙で独立支持が広がるか? »

2012.11.14

新たな銀行資本規制「バーゼル3」での不良債権処理は新たなリスクと市場を作り出すだろう。

 米国大手金融会社で資産規模で5位の
   ゴールドマン・サックス・グループ
のロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO、58)は13日、ニューヨークで開かれた
   バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ主催の投資家会議
で、新たな銀行資本規制「バーゼル3」の下で
   資産に付与するリスク
がどの程度拡大するかといった問題に対しゴールドマンでは
   リスク加重資産額
が7280億ドル(約57兆8900億円)に達し、従来から67%急増することを明らかにした。

   ・ 日本海軍はなぜ過ったか――海軍反省会四〇〇時間の証言より

 

 来年末までに7000億ドルに圧縮する計画であることを述べた。

 信用リスクを約180億ドル相当、市場リスクを110億ドル相当それぞれ減らすと続けた。

 なお、リスク加重資産の規模は、資本バッファーの必要額を決定する根拠になる。

   ・ 昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐

 

 シティグループやJPモルガン・チェースなど他の大手行は、新たな規制の下でのリスク加重資産の増加は比較的少ない。

 その種の資産の規模と事業の組み合わせに応じて資本を積み増す必要が出てくる。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 どんなことでも評価制度を変更すればこうした状況が起きてくるものだ。

   ・ 中世ヨーロッパの武術

 

 金融派生商品に練り込まれたサブプライムローンなどの負債等はレバレッジの効きがきになるところだ。
 ドミノ倒しのように負債が膨らみリーマンショックまで至った負債の連鎖を思い起こしてしまう。

 こうした金融関係の価値喪失は何度も起きたし、今後も何度も起きることだ。

 
 
 

 

 
 

« 資金繰り難の部門 からMBIAが距離を置く動きを阻止する狙い | トップページ | 最大の経済規模 を持つカタルーニャ州政府が選挙で独立支持が広がるか? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56111212

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな銀行資本規制「バーゼル3」での不良債権処理は新たなリスクと市場を作り出すだろう。:

« 資金繰り難の部門 からMBIAが距離を置く動きを阻止する狙い | トップページ | 最大の経済規模 を持つカタルーニャ州政府が選挙で独立支持が広がるか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ