« 七福神 | トップページ | 図解「ネコにも分かる気学入門」ノート »

2012.11.05

ステルス戦闘機「J―31」の初飛行を発表(中国)

 中国は31日中国北東部の遼寧省にある
   瀋陽飛行機工業集団
の施設で
   ステルス戦闘機 「J―31」
の初飛行を行った。

 アジアの専門家は、中国の軍事力をアジアで最強に押し上げるプログラムの一部になるとの見方を示した。

 

 シドニーのローウィー国際政策研究所の安全保障問題専門家
   Sam Roggeveen氏
は中国が戦闘機の
   デザインを全面的に刷新
するのは、過去2年間で2度目となり、かなりの技術的な進歩を示していると述べた。

 中国は間違いなくアジアのあらゆる近隣国を抜きんでることになるだろうと続けた。

 

 中国国防省が開発保有していたステルス戦闘機「J―20」は重量が重く機動性が悪いもので、「J―31」に比べ機動性が劣るとみられている。

 

 『香港商報』は、J-31の主な用途は以下の3つに分かれると予想した。
  (1)大型ステルス戦闘機J-20とコンビを組む。
  (2)輸出用のステルス戦闘機になる。
  (3)戦闘機J-15に代わる次世代ステルス艦載戦闘機に発展する。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 中国の空母艦載機として考えられた戦闘機だが、ステルス性が問題となる。どれくらい小さな状態まで機体をレーダーで感知しにくくなるまでしているのか不明だ。また、熱線感知のミサイル等を避けるためバーナー部分の形状等も分からない。

 

潜望鏡で航行して領海を侵犯した中国海軍の潜水艦の操船技術を考えれば話半分程度の代物だろう。

 

また、空母もカタパルトをコントロールすることが出来るかも問題があり、飛行操縦の能力や着艦できるかどうかも問題があるだろう。
 空母から飛べても着艦できなければ、太平洋には出れず片道切符の航続距離が短い航空機でしかなくなり機動性は限定的だろう。
 所詮物まね国家の戦闘機でしかない。

 

  

« 七福神 | トップページ | 図解「ネコにも分かる気学入門」ノート »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56043859

この記事へのトラックバック一覧です: ステルス戦闘機「J―31」の初飛行を発表(中国):

« 七福神 | トップページ | 図解「ネコにも分かる気学入門」ノート »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ