« ギリシャの資金不足 を穴埋めする支援は? | トップページ | 賢者たちのメッセージ エドガー・ケイシーに学んだこと »

2012.11.27

多くの共和党議員が債務削減合意の一環として歳入増を検討する意向を表明

 米国議会は感謝祭休暇明けの26日から
   「財政の崖」の回避
に向け協議を本格化させる。

 

共和党の議会指導部はこれまでも
   歳入増加に合意
する意向を繰り返し示している。
 なお、成長加速による歳入増だけでないとしているが
   あくまでも給付金を調整
し、税法が改正されることが条件になると説明した。

 なお、一部共和党議員が受け入れを表明している増税の実現は
   給付金削減問題
での民主党の大幅な譲歩が前提条件となる。

 この増税対応の如何によっては共和党内の分裂を招く恐れもある。

 

これまで増税は受け入れられないとしていた多くの共和党議員が
   給付金プログラムの削減
を民主党が受け入れることを条件に債務削減合意の一環として歳入増を検討する意向を表明している。

 

こうした傾向は
   サクスビー・シャンブリス(ジョージア州)議員
   ボブ・コーカー(テネシー州)議員
が共に従来の増税反対の立場を翻す意向を示すんど特に上院で顕著に見られる。

 なお、ブッシュ前政権で米国家経済会議(NEC)委員長を務めた
   キース・ヘネシー氏
は、共和党議員らの税の論じ方が変わったのであって、実質的な立場が変わったのではないと指摘した。

« ギリシャの資金不足 を穴埋めする支援は? | トップページ | 賢者たちのメッセージ エドガー・ケイシーに学んだこと »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56200870

この記事へのトラックバック一覧です: 多くの共和党議員が債務削減合意の一環として歳入増を検討する意向を表明:

« ギリシャの資金不足 を穴埋めする支援は? | トップページ | 賢者たちのメッセージ エドガー・ケイシーに学んだこと »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ