« ユーロ圏17か国の財務相会議が開催 | トップページ | ドキュメント 戦争広告代理店 »

2012.11.13

カタルーニャ州がスペインからの独立の是非を問う住民投票

 スペインの
   ガルシア・マルガリョ外相
は12日、ラジオ局COPEとのインタビューで
   カタルーニャ州政府
が独立の是非を問う住民投票を実施すれば、明らかに違法であり、それはいかなるものでも法律的な言葉で言う
   クーデター
に等しいとの見解を示した。

 この種の住民投票は
   スペイン憲法裁判所
によって無効とされるだろうと述べた。

 カタルーニャ州政府は、中央からの独立を目指すかどうかを争点とした州議会選挙を25日に実施する。

 ラホイ首相もこの住民投票は憲法違反になると警告した。

 カタルーニャ州政府のマス首相は、自身が続投を決めた場合、住民投票を実施すると公約している。
 世論調査はマス首相率いる与党が政権を維持するとの見通しを示している。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 スペインの地方自治政府にたいする中央政府の援助が滞り気味という側面があるのだろう。

 経済回復策が見出せない現状や国外の政治勢力からの圧力を受け手いる状況を考えれば何も中央政府に従う必要がないと見られるのも止むを得ないことだろう。

 民族等が異なる複合国家であり、統一を維持するためには経済的な恩恵が無ければ誰も従う必要などない。
 法律自体も守る必要があるのはそれぞれの生活の安定だろう。

 憲法に反するということでこうした動きを止める事は不可能であり、民族自決的な思考からすれば、権益を守るため利益はに藩する行為を強制する中央政府とは対立軸が生じ、独立すれば自ら法律を作れば良いだけだ。

 
 

« ユーロ圏17か国の財務相会議が開催 | トップページ | ドキュメント 戦争広告代理店 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56103401

この記事へのトラックバック一覧です: カタルーニャ州がスペインからの独立の是非を問う住民投票:

« ユーロ圏17か国の財務相会議が開催 | トップページ | ドキュメント 戦争広告代理店 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ