« 中国の潜水艦が2年以内に核兵器搭載 | トップページ | 民間軍事会社の内幕 »

2012.11.12

第4次中東戦争 終結以来、初めてイスラエルがシリアに砲撃

 ゴラン高原の非武装地帯では自衛隊が参加する
   国連兵力引き離し監視軍
          (UNDOF)
が活動しているが
   シリア軍と反体制派武装勢力の戦闘
により、イスラエル軍の車両に流れ弾とみられる銃弾が命中するなどの事例が発生していた。

   ・ ロッキード・マーティン 巨大軍需産業の内幕

 

 イスラエルが占領している
   ゴラン高原
に11日、シリア側から迫撃弾1発が着弾した。

 イスラエル軍は同日、シリア側に向け
   「警告」
のため砲撃したことを明らかにした。

   ・ 国家対巨大銀行―金融の肥大化による新たな危機

 

 イスラエル軍がシリア側に砲撃するのは、1974年の
   第4次中東戦争
終結以来、初めてとみられる。

 なお、死傷者はなかった模様。  

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 ゴラン高原にシリアから砲撃があったということだが、イランやトルコのように数万人の難民が国境を越えて流入する可能性はイスラエルが占領している地域においては可能性は低いだろう。

 地雷が仕掛けられた地域を逃れるような切迫した事態が起きていなければの話だ。
 トルコではシリアの反政府勢力との戦いで砲弾がトルコ領に着弾し死傷者が出ている。

 流れ弾の類だが、これまでもゴラン高原には銃弾の流れ弾がイスラエル軍の車両に当たるなど、イスラエル軍を意図的に挑発して軍事行動を引き起こそうとしているようなシナリオがあるのかもしれない。
 ただ、イスラエルに対し友好的なロムニー大統領候補が落選した衝撃はイスラエルにとっては大きく、軍事行動は出来ない環境だ出来つつある。(関連記事

 イランの核問題でも、先に、モサッド長官や軍首脳が政治的に支持が低下しているネタニヤフ政権の支持回復策としてのイラン攻撃に反対した情報(記事)が流れるなどしており、どのように動くかは不明だ。

 
  

« 中国の潜水艦が2年以内に核兵器搭載 | トップページ | 民間軍事会社の内幕 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56095658

この記事へのトラックバック一覧です: 第4次中東戦争 終結以来、初めてイスラエルがシリアに砲撃:

« 中国の潜水艦が2年以内に核兵器搭載 | トップページ | 民間軍事会社の内幕 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ