« ブラックフライデー の営業開始時間を前倒す店舗が増加(米国) | トップページ | ギリシャの財政改革実施期限の2年延長を提言(IMF) »

2012.11.13

東アジアサミット(EAS)にロシアは欠席

 カンボジア・プノンペンで20日に開催される
   東アジアサミット(EAS)
にロシアのプーチン大統領が出席を見送ることが分かった。

 議長国カンボジアの政府当局者が12日明らかにしたもの。

   ・ 絵で見る樺太史―昭和まで実在した島民40万の奥北海道

 

 ロシアはEASへの参加が認められた昨年も当時の
   メドベージェフ大統領
が下院選準備のため欠席しており2年連続の大統領不参加でロシアの存在感が低下するのは必至だ。

   ・ 情報戦争の教訓: 自衛隊情報幹部の回想

 

 カンボジア外務省高官によると、ロシア側はプーチン大統領欠席の理由を
   国内日程が忙しいため
と説明したが大統領は9月初めごろ柔道の練習中に負傷したとされ、外遊日程に影響が出てることも背景としてあるようだ。

 なお、サミットにはラブロフ外相が代理出席するという。  

   ・ 総合商社図鑑 未来をつくる仕事がここにある

 

 ロシアは9月に極東ウラジオストクで初の
   アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議
を開き
   アジア重視
を打ち出したばかりだった。

 米国は再選されたばかりのオバマ大統領が出席する。 

   ・ できるかなリターンズ

 

 EASは東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に米露や日中韓、インド、オーストラリアなどが参加している。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 景気悪化しているロシア経済を立て直す必要があり、余り進展が予想されない会議に出席することは無いということだろう。

 国内経済の建て直しを積極に行なうことも無く時間を無意味にすごす日本の首相は、当然ながら出席して海外での存在感を増すため資金等の海外への協力をアピールするのだろう。
 資金だけ出すような成金国家と見られているのは政治家の質の問題だ。

   ・ トナカイ王―北方先住民のサハリン史

 

 国益を考え有効な資金の利用すら出来ていない日本外交の欠陥をいつまで続けるのか疑問であり、中国などへのODAは即時停止すべきだ。

 
 

  世界第2経済大国中国の実態とは 
  

 
   

« ブラックフライデー の営業開始時間を前倒す店舗が増加(米国) | トップページ | ギリシャの財政改革実施期限の2年延長を提言(IMF) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56102818

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアサミット(EAS)にロシアは欠席:

« ブラックフライデー の営業開始時間を前倒す店舗が増加(米国) | トップページ | ギリシャの財政改革実施期限の2年延長を提言(IMF) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ