« 福安公安当局に不満を持つ多数の住民1万人が暴徒化 | トップページ | 円売りが続くか? »

2012.11.19

週明けの外国為替市場は円が軟化して始まった

 イスラエル軍がハマスが実効支配するガザ地区への地上軍の侵攻が準備されている。

 中東全体に戦禍が拡大することが懸念される状況となっており、週末の欧州株式市場は売りが拡大した。

 米国では6070億ドル(約49兆円)規模の自動的な歳出削減と増税が来年1月に実施される
    いわゆる「財政の崖」
をめぐり、NY株式市場は弱気ムードが出ている。

 
 オバマ大統領とベイナー下院議長(共和、オハイオ州)ら議会指導者らとの直接協議が、参加者の間に楽観的な見方を生み出し下げをうめもどしている。

 しかし、どのようにして意見の隔たりを埋めていくのかについての詳細はほとんど会見でも明らかになっていない。
 市場の期待感がいつまで続くかが問題となる。

 週明けの、東京市場の動きいかんによっては波乱が起きそうだ。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 中東では民主化運動が拡大しシリア以外にも王政廃止のデモが過激化している国が出始めた。
 こうした動きが専制君主のサウジやUAEなどに波及していく可能性も高く、原油市場の波乱材料になりかねない。

 シェールガスやシェール原油の生産が拡大している米国は朝鮮動乱時期以来の石油製品の出荷が輸入を上回り黒字化しており、財政状況を好転させる意図があれば、中東の災いは米国にとて福となりかねず注意が必要だ。

 
 

« 福安公安当局に不満を持つ多数の住民1万人が暴徒化 | トップページ | 円売りが続くか? »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56144744

この記事へのトラックバック一覧です: 週明けの外国為替市場は円が軟化して始まった:

« 福安公安当局に不満を持つ多数の住民1万人が暴徒化 | トップページ | 円売りが続くか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ