« 米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限 | トップページ | アジア通貨と中南米通貨の動きが乱れた »

2012.11.20

政策緩和の効果が浸透する状況を見定める必要

 豪準備銀行(中央銀行)のスティーブンス総裁は20日、メルボルンで講演し、2週間前の
   政策決定会合
では相当な政策緩和がすでになされ、その効果が浸透し続けていることを理事会が認識していたと説明した。

   ・ 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」

 

 最新のインフレ統計は大きな問題ではないものの若干高い水準にあり、これまで実施してきた
   利下げの経済への効果
を見極める中で、政策金利を今月据え置いたことは賢明だったとの認識を示した。

   ・ 大国政治の悲劇 米中は必ず衝突する!

 

 国際的な経済の低迷は多少和らいだ状況にあり、しばらく動かないことが賢明なようだったと語った。              

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 金融緩和で資金の流れが浸透する状態が地下にもぐってしまい何処まで広がっているかの判断がつかないのは問題だろう。
 突然、水が噴出しインフレが加速しかねない範囲が広いと手が打てない。

 逆に小さければ対応は可能だ。

   ・ 神の国アメリカの論理

 

 刺激を市場という大地に与えても無反応では水を砂漠に撒くのと同じだろう。

 
 

« 米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限 | トップページ | アジア通貨と中南米通貨の動きが乱れた »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56155266

この記事へのトラックバック一覧です: 政策緩和の効果が浸透する状況を見定める必要:

« 米国の「財政の崖」や連邦債務の法定上限 | トップページ | アジア通貨と中南米通貨の動きが乱れた »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ