« 米国経済は財政の崖 に陥いるか | トップページ | ハリケーン「サンディ」 の影響では格付けは変動せず »

2012.11.05

イランへの攻撃にモサッドや軍部は慎重な姿勢

 イスラエルのテレビ
   チャンネル2
は5日
   ネタニヤフ首相
   バラク国防相
が2010年、国防当局者に対して
   イランの核施設への攻撃準備
を命じたが拒絶されていたと伝えた。

 

 チャンネル2のドキュメンタリーによると、当時、軍のスタッフを取りまとめる職に就いていた
   ガビ・アシュケナジ氏
と、諜報機関モサドの
   ダガン長官
が、軍の警戒レベルを「Fプラス」に引き上げる命令に反対した。

 このFプラスは、攻撃が間近であることを示すという。  

 バラク国防相は番組中のインタビューで、アシュケナジ氏が自身に、イランの核プログラムへの攻撃について、軍としては遂行能力がないと語ったことを明らかにした。  

 

 ただ、ドキュメンタリー番組では、アシュケナジ氏はバラク国防相の発言に異議を唱えていると指摘している。

 アシュケナジ氏は側近に対し、イスラエル軍は
   イランの核施設への攻撃
を成功させる能力はあるが、そうすれば
   戦略的なミス
になりかねないと打ち明けていたという。

 また、イスラエルが警戒レベルを単に引き上げれば
   制御不能なイベントの連鎖
を引き起こす可能性があると警告したという。  

 ドキュメンタリーでは、安全保障会議の出席者の話として、ネタニヤフ首相とバラク国防相が当時
   内閣の承認なし
に違法に戦争を発動しようとしているとして、ダガン長官が両名を非難したと報じた。

 なお、ダガン氏はモサド長官を引退して以降、イスラエルによるイランへの単独攻撃に反対している。  

 ネタニヤフ首相とバラク国防相は、イランへの攻撃は差し迫っていないとのシグナルを送っている。

 なお、同首相は9月に国連演説で、2013年の春か夏にはイラン政府が核兵器を持つ一歩手前に至ると述べた。  

 

 バラク国防相は先週
   イランが核プログラムを後退
させたと述べ、イスラエルが次のステップを検討するための時間ができたとの認識を示した。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 政権維持のために危機感を煽っいるのは古今東西の愚かな政治家と同じだ。

 
  

« 米国経済は財政の崖 に陥いるか | トップページ | ハリケーン「サンディ」 の影響では格付けは変動せず »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56050823

この記事へのトラックバック一覧です: イランへの攻撃にモサッドや軍部は慎重な姿勢:

« 米国経済は財政の崖 に陥いるか | トップページ | ハリケーン「サンディ」 の影響では格付けは変動せず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ