« 虚偽申告で 4500万ドル支払いで米司法省と和解 東洋インキ | トップページ | 北朝鮮が打ち上げた「衛星」とされる物体は宇宙ゴミ »

2012.12.18

労働市場の一段の軟化で利下げを決定(豪中銀 4日の議事録)

 オーストラリア準備銀行(中央銀行)は18日、今月4日の金融政策決定会合の議事録を公表した。

 

政策金利を2009年の世界的リセッション(景気後退)の間に設定された
   1960年以来の最低
となった09年4-10月の水準に並んだがこの引き下げた理由については
   労働市場の一段の軟化
で需要を押し上げる余地が生じたと説明した。

 議事録には労働コストと軟化しつつある労働市場に関する情報から、インフレ見通しは依然として追加的な需要下支えを提供する若干の余地を与えていると判断したとのこと。

 また、資源投資のピークは近いと述べ、それ以外の部門の投資の短期的な見通しはなお低調であることがさらに裏付けられたとしている。

 

豪中銀は4日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を0.25ポイント引き下げて3%に設定している。

 

11年11月1日以来で6回目となる同日の利下げで、引き下げ幅は計1.75ポイントに達した。

 

議事録はまた、利下げに踏み切る前にさらなる証拠を待つかどうかについて若干の議論があったことを示唆している。

 政策委はこうしたケースに早期に対応するか、さらなる情報を待つかを検討したが結局メンバーは今回会合での利下げに利点を見いだしたという。

 豪中銀の次回の定例の政策委は来年2月5日になる。

  

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 資源開発には長期の期間が必要で、経済が好不況で影響を受ける部分は生産活動と比べて少ない。

 
  

« 虚偽申告で 4500万ドル支払いで米司法省と和解 東洋インキ | トップページ | 北朝鮮が打ち上げた「衛星」とされる物体は宇宙ゴミ »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56346221

この記事へのトラックバック一覧です: 労働市場の一段の軟化で利下げを決定(豪中銀 4日の議事録):

« 虚偽申告で 4500万ドル支払いで米司法省と和解 東洋インキ | トップページ | 北朝鮮が打ち上げた「衛星」とされる物体は宇宙ゴミ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ