« 「財政の崖」は多くのことを左右する重大な問題だが... | トップページ | 北朝鮮 寧辺で新たな軽水炉の建設を継続 »

2012.12.12

それでも、日本経済が世界最強という真実/三橋貴明

  

概 要

 日本経済が破綻しない48の理由!
 ◎ 本当は世界に援助できるほどお金があり余っている
 ◎ 日本は家計の金融資産も世界一
 ◎ 日本だけが不良債権処理を終えている
 ◎ 日本はGDPあたりエネルギー効率が世界一
 ◎ 広大な海を持つ日本は隠れた資源大国
 ◎ 日本国民が積み上げてきた誇るべき国富

 日本は世界がうらやむ最強の国だ!              

 

ひとこと
 日本の歴史を調べれば明らかだ。戦国時代末期の日本の鉱業生産高は世界一であり、火縄銃の保有数など軍事力も当時の世界では最大であった。軍船なども装備も同じだ。こうした状況から鎖国を行い、殻に閉じこもったことで後進国に一時なっただけのことだ。

 もし、徳川時代の鎖国がなければ、大英帝国のごとく政界規模の植民地を確保したであろう。当然、米国などは存在せず日本の領土になっていた可能性が高い。人口も2500万人と中国の1億人の2.5割程度だ。現在、13.8億人の中国人がおれば日本は約3.5億人はいてもいいのだが...

 単に、元に戻っただけだという考え方もあるだろう。

 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓   

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  
 
 

« 「財政の崖」は多くのことを左右する重大な問題だが... | トップページ | 北朝鮮 寧辺で新たな軽水炉の建設を継続 »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56472213

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、日本経済が世界最強という真実/三橋貴明:

« 「財政の崖」は多くのことを左右する重大な問題だが... | トップページ | 北朝鮮 寧辺で新たな軽水炉の建設を継続 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ