« 「財政の崖」の回避は共和党の出方待ち | トップページ | それでも、日本経済が世界最強という真実/三橋貴明 »

2012.12.12

「財政の崖」は多くのことを左右する重大な問題だが...

 米国共和党のベイナー下院議長は11日、下院での演説で
   私は楽天家であり、合意に望みを抱いている
と述べ、「財政の崖」は多くのことを左右する重大な問題だと強気の発言を行った。
 また、年内の合意に引き続き期待を寄せていると続けた。

 ただ、ベイナー議長はオバマ大統領とベイナー下院議長の9日の会談以降、ホワイトハウスと共和党の間ではスタッフレベルでの協議が加速しているものの具体的な進展の兆しは示唆出来ない。

 

ベイナー議長は大統領との9日の会談について「友好的」だったと述べたものの、大統領は
   より具体的な歳出削減策
を提示する必要があると主張した。

 国民に約束したバランスの取れたアプローチの一環として大統領がどのような歳出削減を行う用意があるのか、ホワイトハウスの提案を待っていると述べた。
 また、ホワイトハウスが緩慢なペースで協議を続ければ、米経済は『財政の崖』にさらに一歩近付くとし、上下両院での可決が可能な新たな案を提示するようあらためて大統領に求めた。

  

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 米国議会課員の多数を占める共和党の立場で発言しているが、法案の審議を先延ばしにしたとしても小浜政権が妥協する可能性は低い。
 富裕税関連の法案を先に通してからの対応だろう。
 景気失速が起これば富裕税の増税よりも大きな負荷がかかる現実が予想されるため、チキンレース状態となっている協議では先に共和党が離脱する可能性が高い。

 

« 「財政の崖」の回避は共和党の出方待ち | トップページ | それでも、日本経済が世界最強という真実/三橋貴明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56303106

この記事へのトラックバック一覧です: 「財政の崖」は多くのことを左右する重大な問題だが...:

« 「財政の崖」の回避は共和党の出方待ち | トップページ | それでも、日本経済が世界最強という真実/三橋貴明 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ