«  エジプト新憲法案は賛成約64% で承認? | トップページ | 外国為替市場では円が対米ドルで下落を継続 »

2012.12.24

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発か

 韓国国防省は23日、ウェブサイトに掲載した声明で、韓国西の沖合で北朝鮮が今月発射したロケットの残骸一部を回収し、14日から18日まで42人の専門家を動員して分析を進めた結果
   既存のミサイル技術
を利用したものであり、宇宙ロケットが使う液体酸素ではなく
   赤煙硝酸
が酸化剤として使われており
   大陸間弾道ミサイル(ICBM)
を開発するための技術試験だった可能性があると発表した。(関連情報

  ウェブサイトによれば、ロケットの射程は1万キロを上回ると推定される。 (関連記事

  

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 北朝鮮の軍事開発の方向が危険な段階に入りつつあるようだ。
 兵器として高度100km - 数100kmの高層大気圏で
   電磁パルス爆弾(核爆発)
を爆発させると電離層が影響を受け、ケーブル・アンテナ類に高エネルギーの
   サージ電流
が発生、それらに接続された電子機器などに流れる過剰な電流によって、半導体や電子回路が損傷を受けたり、一時的な誤動作を発生させることにより交通機関、産業機械、医療機器等のコンピュータが突然機能できないようにする。

 日米ともに精密電子情報機器が社会の隅々に浸透しており、サージ電流を防ぐような防御対応装置は少なく、こうした兵器による攻撃では被害がより甚大となりかねない。

 

 

 

«  エジプト新憲法案は賛成約64% で承認? | トップページ | 外国為替市場では円が対米ドルで下落を継続 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56386944

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発か:

«  エジプト新憲法案は賛成約64% で承認? | トップページ | 外国為替市場では円が対米ドルで下落を継続 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ