« 開運氣学 [ 勝沼慧衣 ] | トップページ | 12月の米雇用者数はほぼ前月並みの伸び »

2013.01.05

米国の失業率が7.1% に低下する可能性

 ブラード総裁(セントルイス連銀)は4日、経済専門局CNBCテレビのインタビューで2013年末までに
   失業率が7.1%
に低下する可能性があると語った。
 なお、同総裁は今年、連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有する。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 景気回復の流れを呼び起こしており、このまま順調に推移すればこうした失業率の低下が期待できるだろう。

 
  

« 開運氣学 [ 勝沼慧衣 ] | トップページ | 12月の米雇用者数はほぼ前月並みの伸び »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56471504

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の失業率が7.1% に低下する可能性:

« 開運氣学 [ 勝沼慧衣 ] | トップページ | 12月の米雇用者数はほぼ前月並みの伸び »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ