« 共産党の国家には言論の自由がない(中国) | トップページ | 膿は残らず出しつくすべき »

2013.01.11

社会保障制度を人質とした消費税の引き上げでは?

 田村憲久厚生労働相は10日、東京都内で開かれた
   四病院団体協議会
           (四病協)
の賀詞交歓会での挨拶で
   厚労大臣
という立場から、消費税を上げるからには
   社会保障制度
を持続可能にしていく部分での税の投入をやっていかなければならないだろうと思っていると述べた。

 閣内でもしっかり主張してまいりたいと強調した。

 また、今年度補正予算案に関して
   地域医療再生基金
   病院等の施設耐震化
これに対する特例金などで1000億円要望していると説明した。 

 景気対策としてではあるが、医療の部分も盛り込んでいると取り組みをアピールした。  

 なお、就任の記者会見でも、負担が増加している社会保険制度の持続可能性への懸念に言及している。  

 昨年から4団体合同で行っている賀詞交歓会には、約750人が参加した。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 社会保障に掛かる費用の拡大の根本は、介護等を考えて見れば国家が行うべき事業を利益が出るからと言って民営化したのが原因だろう。
 組織が小さい企業ばかりが莫大に増えてしまい、労働環境が悪化し低賃金に上げる姿となっている。
 業務の量の繁閑が大きく歪があることも問題だろう。
 利益が出るから民間、利益が出ないから公共と言った棲み分けはそもそも、効率化を考えれば矛盾がある点に注意を向けるべきだろう。
 耐震工事と言っても、小規模の設備ではなく大規模な設備をある一定の範囲ごとに作っていくやり方に変えるべきだろう。
 箱物も小さいものではなく大きなものを作る必要がある。

 日本の道路等の建設費が高いと言うのは細切れ発注を行うためだ。こうした行為は全て政治家が小粒になり地方政治化の利権となっているからだろう。
 地方分権を推進すればこうした非効率的な工事等が激増するだけで、価値の乏しい箱が出来るだけだ。

 
 
 

« 共産党の国家には言論の自由がない(中国) | トップページ | 膿は残らず出しつくすべき »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56514384

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障制度を人質とした消費税の引き上げでは?:

« 共産党の国家には言論の自由がない(中国) | トップページ | 膿は残らず出しつくすべき »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ