« ユーロ圏は一段の金融緩和が必要な可能性(IMF専務理事) | トップページ | サブプライムローン危機適切に把握できず(07年FOMC議事録) »

2013.01.19

日米首脳会談を2月にワシントンで開催

 米国のクリントン米国務長官が18日
   オバマ大統領
   安倍晋三首相
の会談が2月にワシントンで開かれることを岸田文雄外相との会談後に国務省で発表した。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 中国の覇権主義的な拡張政策への対処を適切に行わない場合に大きな問題が発生することへの認識の共通化が図れるかどうかだ。

 中東政策が後退しており、米国内のエネルギー生産の激増という追い風が吹いており、モンロー主義に米国が回帰する可能性が高まっており、金だけ貢がされただけで有事の時に米軍が動かない事態も懸念される。

 安保条約どおりに米軍が動かない場合も想定して日本の自衛隊の装備を拡充すべきだ。

 韓国、北朝鮮、中国などが敵になる事態が生じても米軍の軍事力がなければ核兵器を持たないため短期的には日本が不利だ。
 核兵器などは日本の技術力を総動員すれば3月程度で保持できるだろう。もし保持すれば金を取れなくなった日本の防衛に協力する可能性が低下し米軍が敵になることもありえることまで想定しておく必要があるだろう。

 
 

« ユーロ圏は一段の金融緩和が必要な可能性(IMF専務理事) | トップページ | サブプライムローン危機適切に把握できず(07年FOMC議事録) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56578144

この記事へのトラックバック一覧です: 日米首脳会談を2月にワシントンで開催:

« ユーロ圏は一段の金融緩和が必要な可能性(IMF専務理事) | トップページ | サブプライムローン危機適切に把握できず(07年FOMC議事録) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ