« 米ドルが主要通貨の大半に対して軟調 | トップページ | 米国議会上院首脳の協議で「すべての税の問題」に関して合意 »

2013.01.01

サイバー攻撃に対する電子政府の防御システムがあまりにも脆弱だ

 農林水産省に対しサイバー攻撃が仕掛けられ、公用パソコンを遠隔操作され
   環太平洋経済連携協定(TPP)
交渉などを巡る
   機密文書二十数点
を含む延べ3000点以上が海外のサーバーとの通信痕跡により海外に流出した疑いのあることが分かった。

 流出した資料は2012年4月の日米首脳会談と11年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の直前に作成された文書とみられる。
 日本の外交方針が筒抜けになっていた可能性が高く政府機関が関与したものと見られる。

   ・ 豪快痛快 世界の歴史を変えた日本人―明石元二郎の生涯

 

 メディアの取材等で流出の疑いが明らかになっているのは、11年10月から12年4月に作成された内部文書と見られる。

 12年4月の日米首脳会談の前に作成された文書では、当時の野田首相とオバマ米大統領の共同声明のTPP関連部分について、外務省と意見交換しながら作成した文案や、会談で首相が発言する予定の「総理発言要領」、現地での首相の行動予定などが含まれていたという。

 

 また、日本がTPP交渉への参加を表明するかどうかが注目された11年11月のAPEC首脳会議の直前に作成した文書では、TPP参加時期に関する首相の意向などが記されていたという。  

   ・ 日本人はとても素敵だった―忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景

 

 TPP交渉に参加した場合の工程表や
   判断を先送りした場合の影響を検討した文書
など20点以上の機密文書もあった。
 いずれも政府の機密性の統一規範で、3段階のうち「漏えいで国民の権利が侵害されるか、行政事務に支障を及ぼすおそれがある情報」として2番目のランクに指定されていた。

   ・ 日本の謀略―明石元二郎から陸軍中野学校まで

 

 これらの文書は、TPPなど国際交渉を担当する
   職員らのパソコン
から別のパソコンに集められ
   通信しやすいようにデータが圧縮
されていた。

 また、情報が集約されたパソコンが不正通信を繰り返していたサーバーのIPアドレスは韓国内にあり、攻撃者がこのサーバーを操作していたとみられることも農水省の調査で判明した。
 操作画面はハングルで表記されていたという 。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 経費節減の名目で、外部の通信会社を利用してシステムを構築しておればこうした事態が生じるのは当たり前のことだ。
 自前の通信システムを構築するのには莫大な金が掛かるため、経費節減を強く要求すれば民間企業の通信ラインを遣うこととになる。

 
 通信システムの多くが中国の企業が占めており、米国議会でも問題化したのは周知の事実だ。
 そもそも、インターネット自体が米軍の技術であり、その中を通る情報は全て米国の監視下にある事実を考えておくことが必要だろう。

   ・ 「名将」「愚将」大逆転の太平洋戦史

 
 国家機密がラインで自由に情報を移せる便利な時代の恩恵を利用しない手はないが、ラインが接続された環境の中でセキュリティを考えるのであれば、機密扱いしている情報は全て暗号化したものに変換して保管すべきであり、情報の移動も同様のシステムで送ることが必要だろう。

   ・ 動乱はわが掌中にあり―情報将校明石元二郎の日露戦争

 

 サイバー攻撃を逆に利用するような情報操作も本来は必要だ。偽情報を意図的に相手につかませ、騒ぎ立て信じ込ませる手法など虚虚実実の駆け引きが必要だ。

 第2次世界大戦の戦況を大きく変えたミッドウェー海戦での大敗北が米国の偽情報に踊らされ、索敵が不十分であったことが最大の欠点だ。
 こうした情報戦に対し、日本の政治家や経営者が余りにも価値を考えておらず、無防備すぎる。

   ・ ミッドウェー海戦「運命の5分」の真実

 日本が戦争で勝利した日清、日露両戦争を見れば情報戦が先行しているのは明らかだ。
 奢り高ぶるだけで下準備の無い戦は負けて当然だろう。

 
 

 

明治・大正・昭和三代 日本五大戦争 [DVD]
 戦争を通じて日本の近代史を浮き彫りにする戦争ドキュメンタリー映画。明治、大正、昭和の3代で繰り広げられた日露戦争、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、そして太平洋戦争における記録映像で日本の戦争の歴史を綴っていく。
日露戦争がよくわかる本
  明治維新から37年後、東洋の小国日本が富国強兵の名の元国力を高め、屈指の軍事大国ロシアを打ち破り、全世界を驚嘆させた日露戦争。二〇三高地、日本海海戦などの断片的な知識はあっても、この戦争がなぜ起こり、いかなる経韓によって勝ったのかを読み「井の中の蛙」の議論を卒業しよう。
兵士と軍夫の日清戦争
 戦場には、兵士だけでなく、補給・輸送を担う民間人軍夫の姿が大量に必要だ。近代日本最初の対外戦争を戦い、そこで何に直面したのか。戦地から日本へ届いた兵士や軍夫の手紙から戦場の風景を再構成し、「戦争を体験すること」の意味を問い直す。知識倒れで知恵の無い参謀で 敗退し海外領土を喪失した第二次世界大戦の軍首脳の責任は...

 
 

« 米ドルが主要通貨の大半に対して軟調 | トップページ | 米国議会上院首脳の協議で「すべての税の問題」に関して合意 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56442160

この記事へのトラックバック一覧です: サイバー攻撃に対する電子政府の防御システムがあまりにも脆弱だ:

« 米ドルが主要通貨の大半に対して軟調 | トップページ | 米国議会上院首脳の協議で「すべての税の問題」に関して合意 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ