« 消費者向け銀行とトレーディング事業 を分割した場合を想定したシミュレーション | トップページ | 日本経済こうすれば復興する! [ 竹中平蔵 ] »

2013.01.23

世界経済に打撃を与えずに銀行を破綻させるシステムを構築すべきだとの考え

 米国金融大手
   JPモルガン・チェース
のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は21日遅くにドイツのフランクフルト近郊で開かれた顧客向けのパネル討論会で金融業界に対する国民の信頼を回復させるため、監督当局や銀行は世界経済に打撃を与えずに銀行を破綻させるシステムを構築すべきだとの考えを示した。
 大き過ぎてつぶせない銀行はなくさなければいけないと言明した。

 規模の大きな銀行を国民に打撃を与えず、負担もかけずに破綻させられるようにする必要がある」と続けた。さらに、破綻した多国籍銀行を段階的に縮小させるため、世界の監督当局は協調して取り組むべきだとした。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 日本の大手金融機関には資産のリスク分散で利益の高い欧米の金融機関等への出資を行っており、大きすぎて潰せない金融機関の信頼度を見かけより高いと思い込んでばく大な資金が流れ出してきた結果、こうした金融機関が分割され潰されれば、欧米の国民には負担がないとしても、日本の金融機関は融資や投資の資金を奪い取られてしまうことになるだろう。

 融資先の信用度の査定や情報収集の能力不足が懸念材料だ。

  
 

« 消費者向け銀行とトレーディング事業 を分割した場合を想定したシミュレーション | トップページ | 日本経済こうすれば復興する! [ 竹中平蔵 ] »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56603605

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済に打撃を与えずに銀行を破綻させるシステムを構築すべきだとの考え:

« 消費者向け銀行とトレーディング事業 を分割した場合を想定したシミュレーション | トップページ | 日本経済こうすれば復興する! [ 竹中平蔵 ] »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ