« 日本経済を殲滅せよ | トップページ | 11月の対米長期証券投資 »

2013.01.17

成長・雇用促進でさらなる措置必要(ミネアポリス連銀総裁)

 コチャラコタ総裁(ミネアポリス連銀)は、16日、ミネソタ州イーデンプレーリーで講演、金融政策は現在、十分に緩和的ではない」と指摘したうえで
   経済成長と雇用
を促進するため連邦準備制度(FRB)が
   一段の措置
を講じる必要があり
   失業率 5.5%
を上回る水準では中期的なインフレ見通しは2%近くで推移することを歴史的な証拠は示しており、失業率を5.5%に低下するまで政策金利をゼロ近辺に維持すると約束すべきだと述べた。

 質疑応答で、連邦準備制度が
   月850億ドル(約7兆5100億円)
の資産購入のペースを緩めたり、停止したりしても、金利は低水準にとどまるだろうと述べた。 こうした証券を保有し続けるため資産購入をやめたとしても、金利に下向き圧力をかけることになる。 

 金利を押し下げているのは連邦準備制度が保有する
   資産のストック
であり、フローではないと語った。

 金融当局による資産売却を投資家が予測し始めれば、金利は押し上げられると指摘した。

 ただ、金利上昇の速度は当然ながら、われわれがどの程度の速さで売却するかによるとし、金利の急上昇につながらないよう
   賢明で、責任ある方法
で実施すると述べた。 

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
  市場の流れをコントロールするのは禁輸規制当局の掌の上にあることを明快に示している。  経済動向を評論家のごとく観察するだけの日本銀行の姿勢は問題だ。

 日本経済を拡大させ国力を高め、国民資産を拡大させる方向に名罪の流れを作り制御する役目が日銀にはある。

 それが、いつの間にかというよりも前川日銀総裁以降の歴代総裁の体たらくが現状の日本経済の低迷させたといえる。日銀総裁には有能で国益を最大化させるとともに国民の資産を増やす役割を期待したい。評論家のように馬・鹿がつくような輩入らない。 市場の流れをコントロールするのは禁輸規制当局の掌の上にあることを明快に示している。  経済動向を評論家のごとく観察するだけの日本銀行の姿勢は問題だ。

 日本経済を拡大させ国力を高め、国民資産を拡大させる方向に名罪の流れを作り制御する役目が日銀にはある。

 それが、いつの間にかというよりも前川日銀総裁以降の歴代総裁の体たらくが現状の日本経済の低迷させたといえる。日銀総裁には有能で国益を最大化させるとともに国民の資産を増やす役割を期待したい。評論家のように馬・鹿がつくような輩入らない。

 

 

« 日本経済を殲滅せよ | トップページ | 11月の対米長期証券投資 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56558924

この記事へのトラックバック一覧です: 成長・雇用促進でさらなる措置必要(ミネアポリス連銀総裁):

« 日本経済を殲滅せよ | トップページ | 11月の対米長期証券投資 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ