« 円安で国際資本に莫大な利益 ソロス・ファンドは円安見込む取引で10月以降10億ドルの利益(WSJ) | トップページ | 為替レートを目標としないことなどを明記した共同声明を採択して閉幕(G20) »

2013.02.16

北核攻撃兆候時は10分内「海星3」で対応打撃(韓国軍)

 韓国国防部は14日、北朝鮮の3次核実験に対する措置の一環として、精密打撃が可能な「海星3」潜対地ミサイルと」「海星2」艦対地巡航ミサイルを公開した。

 

 韓国軍は北朝鮮の
   核・ミサイル攻撃兆候
がある場合、海軍が2010年から
   214級潜水艦(1800トン級)4隻
に実戦配置されている射程1000km台の海星3潜対地ミサイル数発ずつを装着しており、作戦中の潜水艦を動員し10分以内に
   北軍事指揮部
   核施設、ミサイル基地
を精密誘導ミサイル等で打撃する作戦が実施出来ることを明らかにした。

 

 事実上、水中から挑発兆候を先制打撃する
   「キルチェーン」
         (killchain)
が運用されているという意味になる。

 

 韓国海軍は北朝鮮と最も近い公海上において、咸北吉州郡豊渓里を狙う場合、10分以内に核施設基地を破壊することができると述べた。
 なお、平安北道東倉里ミサイル基地も同時間帯に打撃することができるとしており既存の巡航ミサイルの短所である低速度をマッハ1を越える超音速に改善、このような迅速打撃が可能になったと説明した。

 

海星3巡航ミサイルを利用したこのような潜水艦作戦は
   北朝鮮全域
を射程圏に置いており、既存の空軍力や海軍力を動員した打撃を大きく向上させたと評価できる。

 海軍では韓国型駆逐艦(DDHII・4400トン級)と214級潜水艦に各々実戦配置された海星2と海星3巡航ミサイルは、北朝鮮軍指揮部の窓まで命中させるほどの正確度を保有していると軍は明らかにした。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 西側先進国の軍事力としては平均的なレベルのものであろう。ただ、日本の自衛隊は専守防衛という思想がやや強すぎ、犠牲が出やすい対応になっており、早々、攻撃察知の場合の先制攻撃も認めてしかるべきだろう。
 また、水中発射式の精密誘導ミサイル等も実戦配備すべきだ。

 韓国軍がこうした軍事情報をメディアに明らかにしたが、北朝鮮の挑発的な行動が目に余るためだろう。北朝鮮などは軍事力から見れば韓国軍のみで対応ができるが、その後の措置に費用が掛かりすぎるために単に実行しないのは明らかだ。

 日本のメディアが意識してかしないのか不明だが、国民を扇動するような報道が目立ちすぎる感じだ。正確な取材が出来ずに憶測報道を繰り返し国民を洗脳する情報統制は海外勢力に利益を誘導するものでしかない。こうした行動派国賊行為とも言えるのものだろう。

  
   

« 円安で国際資本に莫大な利益 ソロス・ファンドは円安見込む取引で10月以降10億ドルの利益(WSJ) | トップページ | 為替レートを目標としないことなどを明記した共同声明を採択して閉幕(G20) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56780130

この記事へのトラックバック一覧です: 北核攻撃兆候時は10分内「海星3」で対応打撃(韓国軍):

« 円安で国際資本に莫大な利益 ソロス・ファンドは円安見込む取引で10月以降10億ドルの利益(WSJ) | トップページ | 為替レートを目標としないことなどを明記した共同声明を採択して閉幕(G20) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ