« 上院公聴会で強い米ドル政策維持と証言 (ルー米財務長官候補) | トップページ | 歴史が面白くなる 東大のディープな日本史 »

2013.02.14

ポルトガル失業率第4四半期16.9% ユーロ導入後の最悪 

 ポルトガルの昨年第4四半期(10-12月)の失業率 は、ユーロ導入以来で最悪だった。
 国家統計局によると第4四半期の失業率は
   16.9%(前期 15.8%)
に上昇した。
 2012年の失業率は平均で15.7%(前年 12.7%)に悪化した。

 ポルトガルのリセッション(景気後退)は今年で3年目に入ったためコエリョ首相は失業率上昇への対応を迫られている。

 ポルトガル政府は今年の失業率を16.4%と予測している。  

 ポルトガルは欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)による
   780億ユーロ(約9兆8000億円)
の救済条件を達成するため、歳出削減と増税を進めている。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 財政支出抑制策を強めれば当然こうした事態が起きてくるものだ。ユーロ導入国であれば尚更のことで、統一通貨であるがために為替政策で国内経済をコントロールしながら経済回復策を取ることが出来ず、不景気におけるユーロ下落での輸入物価の上昇で経済力を削いでしまったということだ。
 経済格差の大きな国が州そうして統一通貨を作って用いることの矛盾が露呈してきている。
 ドイツにとっては大きなマーケットになりうるが、経済力の低い国にとっては単なる草刈場状態だ。

  
   

« 上院公聴会で強い米ドル政策維持と証言 (ルー米財務長官候補) | トップページ | 歴史が面白くなる 東大のディープな日本史 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56762384

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル失業率第4四半期16.9% ユーロ導入後の最悪 :

« 上院公聴会で強い米ドル政策維持と証言 (ルー米財務長官候補) | トップページ | 歴史が面白くなる 東大のディープな日本史 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ