« フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小 | トップページ | 中国に関する発言 は事実をゆがめた攻撃? »

2013.02.22

ゼロ金利、2014年6月までに上昇も (セントルイス連銀総裁)

 ブラード総裁(セントルイス連銀)は21日、ニューヨークでの講演で、来年半ばまでに
   失業率が6.5%に低下
する可能性があるとの見解を示し金融当局が政策金利を現在のゼロ付近から引き上げる公算があると述べた。

 セントルイス連銀の現在の予測では、失業率は2014年6月に6.5%という節目を割り込むと示唆されているとの見解を示した。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 雇用者数が増加に転じている地区が出てきている。ただ、統計上から考えれば失業者の減少と一致するかどうかは微妙だろう。
 職安に仕事を求め登録している人数を基準としているものだが、職を求める活動を諦めた者が登録をしていない可能性もある。
 長期間の景気後退においては、統計数値は複合的に見なければ経済の実態とのギャップが広がっており景気動向の方向を見極めるのは難しい。

 
   

« フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小 | トップページ | 中国に関する発言 は事実をゆがめた攻撃? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56814791

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ金利、2014年6月までに上昇も (セントルイス連銀総裁):

« フィラデルフィア地区の2月の製造業景況指数は2カ月連続で活動縮小 | トップページ | 中国に関する発言 は事実をゆがめた攻撃? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ