« 中央銀行による 財政ファイナンスの禁止 | トップページ | 救済策の再編 にアイルランド中央銀行が関与することを問題視(ドイツ) »

2013.02.19

金融政策決定会合の議事録(豪準備銀行)

 豪準備銀行(中央銀行)が19日公表した2月5日の
   金融政策決定会合の議事録
で、金利低下が豪国経済を刺激し始めている兆候があり
   物価抑制
で必要なら一段の金融緩和の余地が存在するとの見解が示された。

 

 豪中銀は2月、政策金利である
   オフィシャル・キャッシュレート
の誘導目標を3%に据え置くとともに、豪ドル高は同国の交易条件 の大幅な悪化を反映していないと指摘した。

 議事録では金利は長期平均をかなり下回る水準にあり、一連の金利低下に金利に敏感な経済部門が反応している兆しが若干ある。
 一段の影響が今後見込まれると指摘した。

 インフレ見通しを受けて、需要の下支えが必要なら、さらに政策を緩和する余地が生じていると説明した。

 政策金利は1960年以降で最低となった2009年4-10月に並ぶ水準にある。

 現在、豪中銀は資源投資のピークが年内に予想されることから、それを補うために鉱業以外の産業のてこ入れを図っている。 

       

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 資源開発資金が流入することで豪ドルの上昇が起きたものであり、オランダ病に陥りやすい経済環境にある。
 ただ、資源の量と人口から比較すればオランダとは比べものにならない。

 
  

« 中央銀行による 財政ファイナンスの禁止 | トップページ | 救済策の再編 にアイルランド中央銀行が関与することを問題視(ドイツ) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/56797638

この記事へのトラックバック一覧です: 金融政策決定会合の議事録(豪準備銀行):

« 中央銀行による 財政ファイナンスの禁止 | トップページ | 救済策の再編 にアイルランド中央銀行が関与することを問題視(ドイツ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ